【カメラバッグ】Thule EnRoute Camera Backpack 20Lを買いました!

デジカメ
スポンサーリンク

そういやレンズポチった…。ポイントとかクーポンを駆使して3,000円くらい安くなったのが最後のダメ押しでした。

ちょっと届くのに時間がかかりそうなので届いたら写真撮ってレビューしてみようと思っています。

で、先日投稿したカメラバッグをしばらく使ってみたので今回使用感などレビューしてみようと思います。

これね。私が求める条件を満たしているカメラバッグってことでかなり期待してます。

カメラバッグの理想を語っている話はこちら↓

【サイドアクセス】THULE EnRoute Camera Backpack 20Lが良いかも。
私の理想を叶えてくれるかもしれないカメラバッグをやっと見つけたかもしれない話です。

なかなかこういうカメラバッグないのよね。

 

Thule EnRoute Camera Backpack 20L

Thule EnRoute Camera Backpack 容量:20L

これもポイントを駆使して買いました↓

年末ってことでいろいろ整理してたらポイントがなかなか貯まってたことに気づいたんだよね。

容量は20L25Lがあるんだけど、めっちゃリアルな話をすると職場のロッカーにギリギリ入るのが20Lだったんだよね。今回のテーマは仕事にも持って行けるカメラバッグだったのでしょうがない。

 

内容を確認してみます。

表面のポケットにはiPad Air3が何とか入るくらいの広さです。

小型の財布などがちょうど良いかも。

私が使ってる財布です↓

経年劣化を楽しんでいます。まぁキャッシュレス化であまり出番はないけど…。

【紙和】紙で作った財布を買いました。【SIWA】
ミニマリストに激しくオススメする日本人的で美しい財布の話です。

注意点としてはポケットのスペースは広いけどカメラ収納してるので厚みのあるものは少し厳しいです。

サイドには三脚を収納できるポケットがあります。

無印良品のステンレスボトル(500ml)を入れてみました。

ステンレス保温保冷マグ | 無印良品
消耗しやすい樹脂パーツを少なくし、洗いやすさを考えた形にしました。そのまま飲めるシンプルなマグです。

かなり余裕で入ります。

ファスナーと閉めると…

完全に隠れます。

ここのポケットは表面が硬くなっているので眼鏡など入れるのにちょうど良いです。

外側にはメッシュポケット。

内側にはカメラの予備電池が入るくらいのポケットが3つ。伸縮性のある生地なので多少厚みのあるものでも入ります。

眼鏡ケースを入れるとこんな感じ。比較的衝撃から守ってくれるポケットになるので安心感があります。

眼鏡ケースはこれを使っています↓

最近は買い物してないけどあやの小路ってブランドの商品はリーズナブルな価格ながら品質がかなり良いのでプレゼントにもおオススメです。

私の場合はメガネとAirPods Proとモバイルバッテリーを入れてますが交換用のカメラレンズを入れても良いかもね。

次はメインのポケットです。上下を2つのスペースに分けている2気室ってやつですが、写真の左側にスペースがあります。これが今回の購入ポイント。

ここにもメッシュポケットがあります。

こんな感じで収納できるわけですよ。

無印良品のステンレスボトル(500ml)がちょうど入ります。折り畳み傘を入れても良いと思います。

衝動買いなどしたときもある程度入れることができます。

背中側にはPC用のポケットがあり13インチまでのPCが入るとのこと。

12インチのMacBookを使ってますが余裕で入ります。

そして2つ目のメインポケットです。(写真撮るの忘れた…。)

サイドからカメラを取り出すことができますが、中にはボックスが入っています。

取り出すとこんな感じ。他のバッグにインナーケースとして使うこともできます。

中にはマジックテープで固定する仕切り板が2枚あります。

公式ではこんな感じで収納していますが、実際にやってみるとちょっと難しいです…。

富士フイルムのX-T3XF35mmF1.4 Rをつけた状態で試してみましたが、ちょっと厳しい…。

こんな感じにしています。中央にはレンズを入れてサイドには予備バッテリーなら入るなーって感じですが持っていないのでLightning端子のSDカードリーダーを入れています。

少しの写真ならカメラのWi-Fiで転送しますが枚数が多いと流石に時間がかかるので使っています。

 

良いところと少しだけ気になるところ。

そんなわけで、購入前にかなり調べたり試したりしましたが、改めてしばらく使って感じた良いところと気になったところを書き出します。

ちなみに良かったところは…

・やっぱりサイドアクセスは便利

・ポケットが多いので収納力が高い

・完全な2気室ではないので長いものも入る(水筒とか)

・重さが930gと比較的軽い

 

ちょっと気になったのは…

・バッグを下さない状態でカメラ以外のポケットにアクセスしにくい

・APS-Cクラスのカメラだと交換レンズをサイドアクセス用のポケットには入らない

 

気になったところは購入前から分かっていたので特に問題ないですが、あえて書くとこんな感じです。

総合的にはかなり満足です。今日は写真撮るぞーってときはPeakDesign エブリデイ スリング 10L にすれば交換レンズも入るので使い分けすれば問題なし。

カメラが入るショルダーバッグならこれが最強だと思います↓

レビューも書いてます↓

【Peak Design】エブリデイスリングバッグ V2を買いました。
みんなカメラバッグは #PeakDesign を選んでおけば間違いないと思います。

今回購入したバッグは基本的に仕事用でカメラを持ち出せるのないかなーと思って調べて決めたので、レンズ1本勝負って感じで持ち出せば問題ないです。

Thule EnRoute Camera Backpackを使うようになって変わったのは、仕事帰りに写真を撮ることで気分転換になったことかな。最近仕事で割とストレス感じてるんだよね…。

Untitled

こういうの撮ることで

Untitled

気分転換しています。

そういやほぼ毎日東京タワーを見ていますが、このバッグを買ったことでこういう写真も撮れました。

Untitled

広角レンズで横で撮影したくなる1枚。早く届かないかなー。

ポチったレンズはここに出ているレンズのどれかです↓

【単焦点レンズ】もう少し広角なレンズが欲しいので調べてみました。
広角レンズが欲しいって話ですが、要するにSIGMAが富士フイルムに参入してくれ!ってことです。

 

今回レビューしたのはこちら↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました