【勉強】バイノーラル録音とは?【立体音響録音】

私はバンドでドラムを叩いてるんだけど、演奏以外にも様々な試みをやってみたいと日々模索してます。

その中の1つでもある音源の配信なんだけど、あくまで低コストとスピードを売りにしていきたいので基本的に自力でやる予定です。

ちょうど先日のライブから試験的にやってみてるんだけど、ずばりやりたいことは…

ライブ音源の当日販売。

ライブを見て良いなーと思った音源なら私は欲しい!という気持ちからやってみようと思ったわけです。もちろん自力で…。

かなり難しいことだとは思いますが、これがもし実現したら面白いことになるんじゃないかなーと思うわけですよ。

それの記念すべき1回目の実践でやったのはライブハウスのPA卓から音をもらって自分のPCで録音して出番が終わったらすぐ編集という感じ。たまたまPA卓がオーディオインターフェイスのミキサーだったのでUSBケーブル1本で準備はできたんだけど…失敗しました。やっぱ自分の機材でやった方が確実だったのかもなーと。まぁこれも勉強ですよ。

で、タイトルにある【バイノーラル録音】ですがこれがまた面白そうな録音方法なんですよ。

とりあえずどんな感じかというと…

バイノーラル録音(バイノーラルろくおん、 英語Binaural recording)とはステレオ録音方式の一つで、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録することで、ステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聴取すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式である。

Wikipediaより引用

簡単に説明すると、人間の耳で聴いたまんまの音を録音することによって実際にその場にいるような臨場感のある音のバランスになるって感じ。その場にいるようなってのが重要。ライブ演奏での音源なら魅力的に感じる言葉ですよ。

なので録音機器もこうなります。

3146X27OkIL

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

イヤホンなんですよ。正確にはイヤホン型の録音マイクです。人間の耳で聴いた音を録音なので当然耳に装着するわけですな。上のは調べた中で1番低価格でした。

これがまたマニアックで耳で聴いた感じを録音の仕組みはこうなってます。

人間がを聞くときには音源から左右の耳に直接届く音波だけでなく自分自身の耳たぶや体の各部によって複雑に回折反射した音波も合わせて聞いていて、それらによって音源の位置などを知覚していると考えられる。これらの音波をすべてそのまま記録したものを左右の耳にステレオ・ヘッドフォンで聞けば、録音時と同じ音場を感じられるというのがバイノーラル録音の原理である。

Wikipediaより引用

ここで重要なのは、単純に耳に入ってきた音を録音ではなく耳に入ってきた音が頭の中で反響、反射する音も同時に録音することによってリアルに人間が聴いた音を記録するわけです。なので単純にマネキンの耳にイヤホン型のマイクを入れれば…ってわけにもいかないんですな。

ちなみに人間の頭部を再現したダミーヘッドってのもあります。

31uSwWhJdwL

NEUMANN ノイマン / KU100 ダミーヘッドバイノーラルステレオマイク

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これはマイクも内蔵されているので、これだけあれば録音できるぞ!って感じですが何せ価格が…。興味ある人はリンクをクリックしてみて。震えるから(笑)

仮に持っていたとしても、ライブ音源録音するぞ!ってライブハウスのフロアにこれを置いたら気になりすぎる…(笑)なので価格とともに現実的ではないのですよ。そうなると、人間の耳に装着するのが1番良さそうだなってなるわけです。

しかしそうなるとイヤホン型のマイクを装着する人は動いた音の全て録音されてしまうので本番中は動くことも話すこともできない状態(MC中くらいなら可能)になるのでなかなか気軽に頼むことは難しいです。

で、イヤホンなんだけどネット上の評判では先に出した低価格なイヤホンより1ランク上げたイヤホン型マイクが良さそうです。

それがこれです。

716lOpzgewL._SL1500_

高音質バイノーラルマイク Adphox BME-200 フィールドレコーディング 生録 立体音響録音用 イヤホン付き

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

どうやらこれなら手が出せるギリギリの価格かなーって感じです。とはいえ安い物ではないので十分に調べてから買った方が良さそうだけどね。

とりあえず、PA卓から全部の音をバラ(先日のライブでは20ch)でもらってから編集ってなると時間的に当日中は厳しいのでバイノーラル録音であれば2chのステレオなので編集のスピードも現実的かなーと考えたわけです。

ライブハウスのPAさんともいろいろ話せたので勉強になりました。バイノーラル録音については説明が面倒だったのでしなかったけど…(笑)

とにかく何とかなりそうな感じもしたので引き続き調べて勉強したいと思います。

自分のライブでは他にやることが多く忙しいので、誰かのライブに行って練習がてら実験しようかなーって感じです。私がイヤホン型マイクを装着して録音してみるって感じですな。バイノーラル録音以外でも何度か録音だけにライブハウスに行ってレコーディングだけに集中する必要がありそうです。

なんだか難しい話になりましたが、要するにライブハウスで聴いた音を可能な限り再現したいってことです。大げさな表現になりますが、そうすることで実際にライブハウスにいるような感覚に近づけるのかなーと期待してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう