【私はこう思う】どのMacBookを買えばいいか悩んでる人へ。

初めてのことですが他のサイトでの記事を読んでみて私が思うことを書いてみようと思うわけです。別にダメ出しとかじゃないよ(笑)ネタがないわけでもないよ!最近レビュー系ばかりなのでたまには好き勝手に書きたいなーって思っただけです…。

理想の「MacBook」を求めて–選択が困難になったアップル製ノートを考える  

今回はCNETの記事を読んでみて私が思ったことを書いてみようと思います。

記事を読んでみると、結局のところはどれを選んでも欠点があるなーって感じの内容でした。該当のMacは12インチMacBookとMacBook Air、13インチMacBook Pro、iPad Air、iPad Proって感じでiPadも選択肢の候補に含まれてます。

これは私が12インチMacBookを買うことになった理由にもなるので同じような状況で悩んでる人にとって少しでも参考になればと思う…。どうかなー?

CNETの記事では類似点の多い選択肢と書いてあるが必ずしもそうとは思えないかなーと。まぁそれでも確実に以前よりはラインナップの簡素化から離れている気はします。

MACBOOKPRO

APPLE MacBook Pro with Retina Display (2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/128GB/Iris Graphics) MF839J/A

まずはスペックと本体の重量が気にならない人は確実にMacBook Proを選んだ方が幸せになれると思います。いわゆる全部入りでRetinaディスプレイや豊富な拡張用のポート(USBやHDMIやSDカードスロットなど)を備えているので、これで不満が出るのであればデスクトップで自由にカスタマイズすればいいと思うな…。実際私も13インチMacBook Proを本気で買おうか悩んだくらいです。

物欲が爆発しそうです…。というのも今使ってるMacBook Air 11インチは周辺機器が少ないんだわ。なので今回はMacBook Pro Retina 13インチを購入したら周辺機器はこれを買うぞ!って物を書いていきます。

まぁ結局はMacBook Airを使い続けることを選んだんだけどね。

私がMacBook Proを選ばなかった1番の理由は常に持ち歩くには本体が重いからです。というシンプルな理由(笑)それに私にとってはオーバースペックで多分そこまでの性能は必要ないかなーと思ったんですよ。身の丈にあった物を持ったほうが良いだろうと考えたわけです。

私がMacBookでやるであろう作業は、記事の更新とホームページの管理(主にWordPress)と楽曲制作とレコーディングとチラシなどの作成で今まで使ってた11インチMacBook Airで満足とは言えないけど十分使えていたのでMacBook Proにするのはちょっとオーバースペックだろうと…。私の感覚では本格的な動画編集やアプリの開発をするくらいの人はMacBook Proを選んだ方が良いと思ってます。

本体が重いとか見れば分かるじゃねーか!って感じだけど毎回持ち出すことを考えると重さってのは重要なポイントになるわけよ。やっぱ機動性ってのが重要。店頭で持ってみたときに「意外と大丈夫かも…。」って私も思いましたが冷静になった方が良いです(笑)長時間持ってるとしんどいです。

Unknown

APPLE MacBook Air (1.6GHz Dual Core i5/11.6インチ/4GB/128GB/802.11ac/USB3/Thunderbolt2) MJVM2J/A

私は約3年間MacBook Airを使ってたわけですが1番の不満は画面の解像度が低く作業領域が狭いってことです。これを強く思うようになったのはやはりRetinaディスプレイの存在。

低価格でMacBookを手に入れるのであればMacBook Airが良いと思います。USBポートも2つあるしThunderboltの端子もあるので拡張性も高いです。13インチモデルにすればSDカードスロットもあります。

しかし画面の解像度の低さからの作業効率の悪さには不満が出る可能性ありです。そしてその不満が1度でも出たら解決する方法はMacBook Air単体では不可能です。

それと来月にあるWWDCで新型MacBook Airが発表されるかもしれないので今選ぶのはちょっと待った方が良さそうです。

ちなみに私が当時MacBook Airを選んだ理由は自分のやる作業がどれくらい性能的に通用するのか分からなかったので、とりあえず文句が出ても3年は使うつもりで1番安いモデルを買いました。結果としては我慢すれば今でも現役で使えるレベルです。

61uJ3xIVdvL._SL1000_

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A

そして私が選んだ12インチMacBookですがRetinaディスプレイはやっぱり最高だし作業効率も上がりました。

しかしUSBポートが1つしかないし規格もType-Cと現時点では多少の不便さがあります。でも荷物は微妙に増えますが、こういったUSBハブで拡張することは可能です。

MacBookの悩みといえばUSB-Cの端子が1つしかないので拡張性が低いってこと。 とってもシンプルなんだけどね。でも作業の...

こういうのを使えばMacBookの欠点を補うことはできますがRetinaディスプレイではないMacBook AirはどうやってもRetinaディスプレイにすることはできません。欠点をカバーすることができると思ったのもMacBookを選んだ理由です。

キーボードが打ちにくいという大概は買ってない人の批判もありますが、それは慣れます(笑)私はもう慣れました。しかしガシガシ文字を打ってる感じを求めてる人にはオススメできません。

USBハブで拡張できると書きましたが常に何かしらのUSB機器を接続したい人にはオススメできません。あくまでたまに接続する人にならオススメできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで私もがっつり接続するときはしますが頻繁にあることではないので気になりません。

MacBookを購入するときにUSB機器を接続するのか?接続したUSB機器は常に使うのか?ただ何となく接続してるだけではないのか?といった感じで確認してみると見えてくるかと思います。

61h2iryUqGL._SL1280_

アップル iPad Air Wi-Fi 16GB シルバー(ホワイト) MD788J/A

iPad AirやiPad Proに関しては、そもそもOSが異なるので比較の対象にはならないと私は思っています。それにCNETの記事にもありますが、現時点でMacBookの代わりになることは難しいです。ただMacBookと共存することは可能だと思います。

私の場合動画の編集はMacBookではなくiPad miniで行ってます。理由としては動作が軽いこと。もちろん複雑な編集は厳しいですがちょっとした編集であれば快適に動きます。作業以外では記事を書くネタだったりの情報収集にiPad miniを使うこともあります。さらにはMacBookのサブディスプレイとして使うこともあります。

なかなか興味深いアプリを見つけたので人柱になってみました。 Duet Display 元Appleのエンジニアが作ったア...

まだ12インチMacBookでは試してませんがスマートにするならこんな使い方もあります↓

タイトルだけでは何のことですか?って感じだわな。 簡単に説明するとMacのディスプレイにiPhoneやiPadを設置するアダプタって感...

まぁ両方持ち出すとなると結局荷物が増えてしまうけどね…。ちなみに私は12インチMacBookとiPad miniは基本的に毎日両方とも持ち出してます。あくまでiPadは補助的な立ち位置です。

ちなみにどうしても画面をタッチしたい人はiPadしか選択肢がありませんよ(笑)

そんなわけで、長くなったので多少乱暴にまとめてみますよ。

↓MacBook Proを選んだ方が良さそうな人↓

①本体の性能を求められる作業をする。

②全部入りが欲しい。

③本体の重さを気にしない。

↓MacBook Airを選んだ方が良さそうな人↓

①とにかく安いのが欲しい。

②最低限の拡張性は欲しい。

③Retinaディスプレイに魅力を感じない。

↓MacBookを選んだ方が良さそうな人↓

①薄くて軽いRetinaディスプレイが欲しい。

②USB機器はあまり使わない。

③Appleのロゴが光らなくても良い(笑)

↓iPadを選んだ方が良さそうな人↓

①とにかく画面に触りたい!

②あまり専門的な作業はしない。

③MacBookと同じではないことを理解してる。

うーん…乱暴ですな(笑)まぁ要するに自分の身の丈にあった物を選んだ方が良いですよって感じです。買ったら長く使うことになると思うので色んな角度から見てみた方が良いです。案外数字上のスペック以上に使えることもありますよ。日本人は数字に弱いからね(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう