シンバルホルダーの入れ物にちょうど良い物を発見しました。

このホームページではあまり音楽の話はしてません。でも今回のはちょっと意外だったので書きますよ。

なかなかの大荷物です。私はバンドでドラムを叩いてます。アメブロを見てくれてる方は知ってるかと思いますが…。

まぁなるべく最小限の荷物にしてスマートに移動したいものですがなかなか難しいんだわ。最近もシンバルホルダーを増やしたし…。

これが気になるんですよ。美しくない。こいつがシンバルホルダーです。

シンバルホルダーPearl CH-70 シンバルホルダー

シンバルホルダーPearl CH-70 シンバルホルダー
価格:3,370円(税込、送料別)

これです。ちょっとしたシンバルを追加したいときに便利です。

こういう感じで使います。

で、これを収納するケースがなくて困ってたんですよ。普通のシンバルスタンドのケースだと大きすぎるし何かちょうど良さそうなのはないかなーと探してたら発見しました。

Velbon 三脚ケース 三脚ケース#61 381347

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

まさかの三脚ケースですよ。いつもの感じでカメラ売り場を見てたら、これいけるんじゃないか??ってなったわけ。

入れるとこんな感じ。少し余裕があるけどジャストサイズではないでしょうか?安いけどそこそこ生地はしっかりしてます。さっきの写真みたいにシンバルケースからはみ出してるよりはマシでしょう。まぁ精密機器ではないのでそこまで神経質になる必要もないのかもしれませんが…。大事に使いたいですよ。

そんなわけで、カメラの三脚ケースが役に立ちました。もっと探せばジャストフィットするケースもありそうですが、価格も安いので今の所は良いかなーと思います。ほんと三脚のケースだ!って思った時はテンション上がりましたよ(笑)身近なところにあったなーと。

イヤモニ用のミキサーをマイクスタンドに付けてます。これもスマートで満足してます。イヤモニっていうと大袈裟になるけどドラムの音って自分で叩いててもうるさいなーって思うのでイヤホンで他の楽器の音を拾って適正な(聴きやすい)音量でモニターしてます。

実際にスタジオ練習程度であればボーカルのマイクを返すだけで他の楽器の音も拾ってくれるので十分だと私は思ってます。コーラス(ハモり)用のマイクなどもあれば、その音も返して貰えば他の楽器の音も十分拾ってくれます。

自分の耳は保護しないとね。ドラムを叩き始めてから突発性難聴って言葉を知って警戒してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう