FUJIFILM X-T3からX-T5に乗り換えました!

カメラ・レンズ
スポンサーリンク

ついに…ついにですよ!

ちなみに今回購入を決めた理由としては、電池持ちが良くなったこととボディ内手ぶれ補正が搭載されたことと、あるケースと組み合わせてみたい。って感じです。

AF(オートフォーカス)の性能が良くなったことについては、私はオールドレンズをメインで使っているのであまり気にならなかったけどボディ内手ぶれ補正についてはちょっとF値が暗めのレンズでシャッター速度が稼げるなーとかなり魅力に感じてました。

正直それくらいの理由で買い替えるのか?って気もしたのですぐには手を出さずに様子見してました。

ところが、最近になってX-T3の調子がちょっと悪いときもあって壊れる前に買い替えるのもありかなーと思ったわけです。

 

スポンサーリンク

FUJIFILM X-T5

FUJIFILM X-T5

というわけで、ついに手に入れましたよ!!!!

正直発売してからもうすぐ1年が経つので今更って感じもするので開封の儀みたいなことは諸先輩兄貴達の動画や記事を見てくれって感じなのでやりませんが、いくつになってもテンション上がるもんですね。

しかも実は新品のカメラを買ったのは人生初!今までは特に最新のカメラを手に入れたい気持ちもなかったので、X-T3も含め型落ちの中古を買ってたんだよね。それが今回は新品。もちろん価格も高い…。発売当初は価格が下がったら買おうかなーって思ってたんだけど、ずっと入荷待ちの状態なので全く価格が下がらなかったね。

ちなみにこれも初なんだけど本体カラーはブラックを選びました。初めはシルバー一択でしょ!って思ってたんだけど、ヨドバシの富士フイルム担当の店員さんがめっちゃ親切でブラックを選ぶ人の特徴としてエイジングを楽しみたい人が多いって言ってたのが激しく心に響いてしまった…。

本体の塗装の剥げ方がシルバーとブラックで違うらしくブラックの方が塗装の経年劣化の雰囲気が良いらしい。たしかにX-T3のシルバーを使ってたけど個人的に塗装の剥げ方はちょっと雰囲気ある感じではないよなー。

なので今回はブラックにして劣化していく様子を楽しもうと思ったわけです。

 

スポンサーリンク

このケージを使いたかった!

今回のX-T5発売のすぐ後にSmallRigのケージでデザインに一目惚れしたので一緒に購入しました。

SmallRig FUJIFILM X-T5 タイムマシン 3870

意外と使ってる人少ないです…↓

301 Moved Permanently

写真メインのカメラだからかも…↓

なんかこのレトロというかスチームパンクっぽいデザインが良いなーと。

早速装着。なかなか良いと思います。

背面はこんな感じ。サムグリップはX-T3用のをとりあえずで付けてます。X-T5用のを買うかは考え中です…。

底面の三脚ネジ以外に両サイドでもネジで固定するので安定感は抜群。

底面に六角レンチをマグネットで収納しておけるので出先での調整もできます。

シャッターボタンを少し前にできるパーツもあるんだけど、これについてはかなり微妙でした。ネジを締めすぎると電源スイッチが硬すぎて動かなくなります…。なので適度にネジを緩めて調整する必要があるんだけど、そうするとバッグに入れてる振動などで気がつくとネジが外れます。ちなみに私は早くもネジが外れてることに気づかず紛失しました…。ネジ単体で売ってないかなー。

 

スポンサーリンク

オールドレンズと組み合わせてみました。

美しい…。と私は思っています。オールドレンズの雰囲気とも合ってるような気がします。まぁX-T5ならケージなしでも似合うと思うけどね。

反対側も。このときはシャッターボタン部分のネジはまだありました(笑)

ここで気になったのがSmallGigのロゴがなんか気になる…。ってことでこうしました。

木目にしました。100均で買ったシートを貼り付けてデザインカッターで切り抜きました。遠目で見ればそこそこ良い感じになったと思ってます。

とりあえずこんな感じでカスタマイズは終了。

 

当然と言えば当然の問題はあります。

そんなわけで、思い描いてた私のX-T5の形は完成しました。満足。

こんな感じでちょっと外で使ってみましたが…その辺のフルサイズ機より重い…(笑)オールドレンズを使ってるからそもそもレンズが重いってのもあるんだけど、なかなかの重量感があります。

ポジティブに考えればカメラが重いことで構えた時に安定するので手ぶれ補正と合わせてスローシャッターで安定する…かも。って考えてます。なのでしばらくは使い続けます。

それとフィルムシミュレーションのノスタルジックネガもX-T3にはなかったので試してみました。

左がPROVIAで右がNostalgic Neg.

ちょっと色味が変わるくらいでそこまで激しく変わってないね。でもそのちょっとの変化が重要なんだよなーと思っています。フィルム感だったりエモーショナルな感じになったり。

それと画素数が上がったので画質も上がったような気がします。切り抜きもしやすい。ただISO感度を上げていくとX-T3よりも画質が荒くなるのが早いような気がします。なのでISO感度は低めでシャッター速度を遅くして画質を維持するような撮り方が良いと思いました。

とりあえず休みの日は撮りまくってカメラの特徴だったりを早く掴みたいなと思います。

手ぶれ補正搭載なのと電池持ちが良くなったので、もう今のところカメラ本体に求めることは全て達成されました。これでゴールかなー。

それとこれはヨドバシの店員さんから聞いた話ですが店頭で直接確認すると、まれにキャンセルになった商品が当日在庫としてあるかもしれないとのことです。それと入荷時期はお店の状況ではなく富士フイルム公式に言われてる情報とのこと。なのでヨドバシやマップカメラでは3ヶ月待ちとなってますが(記事更新時)これは富士フイルムからそう言うように指示された情報らしいです。

価格が下がらないように生産台数を制限してる噂もありますが、現実としてX-T5が入手困難なことでX-T3やX-T4の中古価格が高騰してるらしいです。

 

ついに乗り換えたカメラはこちら↓

重くなるけどデザインがかっこいいケージはこちら↓

301 Moved Permanently

Amazonと楽天はこちら↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました