【iOSアプリ】画質を落とさずに動画から静止画を取り出す方法。【無料】

夏ですな。そして当然ですが暑いです。

IMG_8405

そんな季節に個人的に流行ってるのはソルティライチですよ。

美味いよね。これに炭酸が入ったらこの夏の個人的大ヒット商品になるんだけどなー。

というわけで本題ですが、まずはこの写真を見てください。

IMG_1475

先日、私が所属しているバンドLANPAZIEが渋谷CYCLONEにてライブをやったんですよ。そこでの1枚なのですが…これ動画から切り取ってるんですよ!

撮影に使ったカメラはSONY HDR-MV1を使いました。

レビューも書いてます↓

発売当初から目はつけてたんですよ…。 過去記事 SONY HDR-MV1を見てきました。 まぁこれが欲しくて定期的にチェックしてた...

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

バンドマンなら1台持ってると便利なカメラですが動画の容量が4GB(約30分)を超えると分割で保存されてしまいます。これは地味に不便に感じます。

話が脱線したので戻しますが、この動画をiOS端末(iPhoneやiPad)に入れて静止画として切り出します。そのアプリがこれです。

IMG_8414

このアプリを使えば画質を落とさずに静止画として切り出すことができます。

使い方は簡単ですがとりあえず解説します。

IMG_8415

アプリを起動するとチュートリアルが出て、その後にiOS端末のカメラロールが開きます。ここで静止画保存したい動画を選択します。

IMG_8424

動画を選択すると再生画面になります。画像の左下のスピーカーのアイコンは音声のオンオフです。その右側の曲送りと戻しのアイコンは選択すると動画がコマ送りになります。これで切り取りたい場面が選びやすくなります。

IMG_8421

ここだ!という場面が決まったら動画の部分をタッチします。

IMG_8422

すると画面の右上に数字のアイコンが表示します。これは静止画として切り取った枚数を示してます。

IMG_8423

右上のアイコンをタッチすると切り出した画像が表示されます。iOS端末のカメラロールに保存するには右下のアイコンをタッチします。

IMG_8411

これが実際に動画から切り取った画像です。画像サイズはどうなったのか確認してみます。

IMG_8425

保存した写真のExif情報を見るとSONY HDR-MV1で撮影したサイズ(FHD)で保存されています。

ユニバーサルアプリではなくiPhone専用ですが、iPadで使うことも一応できます。ちょっと動画の表示がズレますが保存すれば問題なく表示されます。

ちなみに今回使った動画はこれです↓

なかなかセンスあるわー(笑)

そんなわけで、こんなのスマートフォンで全画面再生したのをスクリーンショットで保存すれば良いじゃないか!と思う人もいるかもしれませんが、コマ送りできて簡単に静止画保存できるので私はこの方法で保存してます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう