【SONY】話題に乗り遅れてますがHDR-MV1を借りました。

発売当初から目はつけてたんですよ…。

過去記事

SONY HDR-MV1を見てきました。

まぁこれが欲しくて定期的にチェックしてたんだけど、今回お借りしました!やっと実際に使ってみることができます!いやー、楽しみ。

SONY ビデオカメラ ミュージックビデオレコーダー HDR-MV1

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

もうねー。ネットで検索すれば大量のレビューが出てくるので、今更書いてもどうなんだろうか…って考えたけど書いちゃいますよ。まだ実戦導入してないので今回は外観がメインです…。

天面には電源ボタンと録画開始と停止のボタン。

液晶の反対側はバッテリーにアクセスできます。

電池容量は1240mAhでした。

正面にはカメラレンズとXY方式のマイク。

背面には上から、イヤホン端子、充電端子(microUSB)、HDMI端子、LINEイン(外部マイクが使えます)って感じ。

底面には保存用のmicroSDが入ります。

三脚穴は後ろの方にありました。

で、過去記事でも書いてますがタッチパネルには非対応です。ボタン操作のみです。

ネットのレビューを見てると4GB制限ってのがあったり1回の録画時間が約35分だったり問題もあります。ちなみに4GB制限とは録画データが4GBを超えると録画が自動で停止になり再度撮り直すとのこと。ということは演奏中を撮ってるときに4GB制限に該当してしまうと…困りますなー。

そこで考えた対策としては、曲間で録画を停止する。それを可能にするのが…スマートフォン連携ですよ。

Wi-FiでHDR-MV1とiPhoneを接続することで、iPhoneでモニターできたり遠隔(リモート)で録画開始や停止を行うことができるわけよ。これを私がステージ上から操作します。

多分これで大丈夫だと思うんだよなー。

もちろん今までやってたiPhoneでのライブ動画撮影もやる予定です。2アングルで撮って編集すれば低価格でそこそこな映像ができるんじゃないかなーと。

そんなわけで明日はライブがあるので、早速やってみたいと思います。役割は…

iPhone6s Plus→動画撮影

HDR-MV1→動画撮影

iPad mini4→HDR-MV1のリモート操作

モバイル環境でどこまでやれるかって感じですな。てかそこまでの余裕があれば良いんだけどね(笑)

次は実際に使ってみた感じを書いてみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう