【オールドレンズ】RICOH RIKENON 50mm F1.7を手に入れました!

デジカメ
スポンサーリンク

 

祝!X-T3レンズ2本目!!

 

というわけで、ついに…ついにオールドレンズに手を出してしまいました!

某オークションにてRICOH RIKENON 50/2の良さそうなのを探していたら、たまたまRICOH RIKENON 50/1.7を見つけてしまい入札。無事に落札しました。

和製ズミクロンの魅力↓

F値が2ということだけど、それより明るいF1.7を見つけたのでちょっと悩んだけど手を出したわけです。なんでちょっと悩んだのかというとネット上での情報があまり出てこなかったんだよね…。逆にF2の方は情報が多くあったので安心。

後から知ったんだけど、RICOH RIKENON 50/1.7って数が少ないらしいです。なので情報も少なかったのかなーと予想。

【FUJIFILM X-T3】中望遠と広角レンズが欲しい!【オールドレンズ】
FUJIFILM X-T3で使うレンズを考えてみた。広角と標準と中望遠の単焦点レンズが揃えば私は満足です。

前に中望遠レンズならオールドレンズも面白そうだなーって話を書きましたが、有言即実行したわけです。去年はそこそこ物欲はあったけど実行してなかったからなー。今年の私は動きますよ!多分(笑)

 

外観をチェックしてみます。

RICOH RIKENON 50mm F1.7

オークションはあまり利用していないので少し不安でしたが、実物を見るとそんな不安もなくなりました。なかなか良い状態でした。レンズには少しだけ塵がありましたが写りには影響ない程度。塗装や印字も特に剥げていたりすることもなくこれは当たりだなーって印象です。

際単焦点距離は45cmです。どうやら初期型は45cmで後期型だと60cmとのこと。ブツ撮りもするので距離の短い初期型を狙ってました。RICOH RIKENON 50/2も初期型は45cmです。

F値は1.7と明るいです。

ちなみにRICOH RIKENON 50/2はKマウントになるのでFUJIFILMのカメラで使う場合はマウントアダプターが必要。これもネットで調べると複数出てきて価格もピンキリだったので、安くて評判も良いK&F Conceptのアダプターを購入しました。

K&F Concept® PK-FX

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これがないと始まらないです。

見た目は特に問題ないかな。私は目立つロゴがあまり好きではないですが…まぁしょうがない。

 

装着してみた。

新しい相棒のFUJIFILM X-T3に装着。クラシックなデザインと良い感じに合ってます。

ちなみにPeak Designのキャプチャーを取り付けているのでレンズ側に傾いてしまうのでレンズキャップを下に挟んでます(笑)

アダプターの精度も問題ないです。

アダプターにレンズを取り付けるときにちょっと堅いなーって思いましたが緩いよりはマシだと思うことにします。それに頻繁に外すこともないです。

さすがにアダプターをつけるとレンズが長くなりますな。FUJIFILM XF35mmF1.4 Rよりも若干長いです。まぁ許容範囲かな。

以前FUJIFILM XF35mmF1.4 Rのレンズフード問題のときに買ったF-Foto クラシックメタルレンズフード HW52Bを装着。なかなか良いと思う。

【完結?】FUJIFILM XF35mmF1.4 Rのレンズフードを変えましたの続き。
FUJIFILM XF35mmF1.4 Rのレンズフード問題続編です。

無駄な買い物にならずに済みました。多分使います。多分ね。というのもCanonのレンズフードに見えないレンズフードも見た目がスマートなので気に入ってるんだよなー。

ジャンクで見つけたら買うかも…↓

できるだけスマートにしたいよね。

 

作例はこれから増やします。

世間ではコロナウイルスが流行ってますが、そんなことは関係なく3月は忙しいのでなかなか写真を撮る時間がないです。

少しですが撮影した写真をいくつか載せておこうと思います。しっかり外で撮影した写真は後日…。

ここからの画像はFlickr経由で載せています。クリックするとFlickrのサイトにアクセスします。細かい設定は…と言いたいところですがオールドレンズなので電子接点がないです。なのでレンズの情報はないです。基本的に解放(F1.7)で撮影してるはずです。

RIKENON 50mm F1.7

最近ハマっているバヤリースのパイン味。あまり見かけないけど美味い。駅のコンビニでよく見かけてるような気がします。

で、写りはというと全く問題ないと思います。ピントを合わせるフォーカスリングは特に変な引っかかりもなく軽いです。これは良品だ。

RIKENON 50mm F1.7

マニュアルレンズのよくある無限遠が出ないという問題ですが、大丈夫でした。

ちなみに無限遠とは…

無限遠とは、カメラのレンズなど、光学系において、それ以降、ピント調節が不要となる距離。焦点距離に比例するため、広角レンズは近く、望遠レンズは遠い。無限を意味する記号、∞で表す。

Wikipediaより引用

簡単に説明すると、風景などの遠くの被写体にピントを合わせるって感じです。無限遠が出ないってことは風景(遠くの被写体)を撮影するときにピントが合わない状態のことです。

とりあえず今回のK&F Concept® PK-FX では問題なくピントが合いました。

X-T3を使うようになってからJPEG撮って出し(RAW現像しない)で撮ってます。ちょっと青が強い感じかな。もっと色々撮ってみないと分からないけどねー。

 

オールドレンズ沼にハマりそうです。

もうしっかり片足入ってます(笑)

そんなわけで、ついにオールドレンズ買いました!感想としてはマニュアルフォーカスでも被写体によっては十分使えると思いました。フォーカスピーキングを使えばピント合わせはそこまで難しくないです。動体だとちょっと厳しいかもしれないけどね。

前に標準レンズと広角レンズと中望遠レンズの3本あれば十分だなーと書きましたが、写りが面白そうなオールドレンズを探してみようと思います。こうやって沼に落ちるんだろうなー(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました