【FUJIFILM X-T3】中望遠と広角レンズが欲しい!【オールドレンズ】

デジカメ
スポンサーリンク

連日コロナウイルスについて騒がれていますが、SNS上でも政府の対応に対して不満を言ったりしているのが目につきます。

もちろん私も思うことがありますが、基本的にSNSでは言わないようにしています。まぁ正直あまり意味のないことだと思ってるからね…。もし本気で不満があるなら選挙に行こう。これに尽きます。私からは以上です。

 

さすがにレンズ1本では厳しい…。

さて、暇を見つけてはFUJIFILM X-T3で写真を撮っていますが使っているのは神レンズとも言われている、FUJIFILM XF35mmF1.4 Rを愛用しています。

フルサイズ換算で53mmってことで標準レンズですな。基本的にはこれで問題ないんだけど、できれば中望遠広角レンズが欲しい…。この3本があればまぁ困ることもないでしょう。と、思っています。

で、ネットでひたすらレンズ探しをしているんだけど気になったレンズがまとまってきたので今回書き出してみようと思います。気になっているのはオールドレンズ。

そういや過去にOLYMPUS E-M10を使ってたときもオールドレンズの話は書いてました。

【候補は3つ】マイクロフォーサーズで使うオールドレンズについて考えてみた。
マニュアルフォーカスでの撮影に挑戦しようと思った理由とレンズを探してみた話です。

でも当時は何本かレンズをすでに持っていたのもあって手を出すことはありませんでした…。まぁ今回はレンズ1本しか持ってないので本気で買ってみようかなーと考えています。

 

中望遠レンズならこれかな?

Pentax M42 Super Takumar 55mm F1.8

フルサイズ換算で83mm程度です↓

オールドレンズの魅力って価格が安いってところです。しかも写りも良い。難点としてはマニュアルフォーカスで手動でピントを合わせなければならない。オートフォーカスに慣れきっている人には酷かもしれなけど、写真やってるなーって感じが楽しそう。ちなみに私はオートフォーカスでピントを合わせたあとにマニュアルフォーカスでピントを追い込む撮り方もやっているので特に問題ないかなー。

 

Minolta MF レンズ MD 50mm F1.7

フルサイズ換算で75mm程度です↓

これは秋葉原のにっしんカメラで見つけました。ネット上にある作例を見る限りだと盛大にフレアが出る個性的な感じです。せっかくオールドレンズに手を出すならこれくらい攻めたレンズも面白いかもしれません。

 

RICOH RIKENON P 50/2

フルサイズ換算で75mm程度です↓

RICOHといえばGRですな。これもちょっと前まではかなり欲しかったカメラでしたが長く使うことを考えるとレンズ交換式かなーとも思うしフィルムシミュレーションを使いたかったので買わなかった過去があります。

このレンズはRIKENON PとかLやSや無印だったりの種類があります。ネット上の情報では写りに関してそこまで大きな違いはないとのことです。

XR Rikenon 50mm F2 (その2) – 富岡光学、和製ズミクロン、ぞっとするほどの写り。沼に引き込まれる・・・。 | Overland25
※2020/02/12更新 Youtubeの動画解説を追加しました。SONYミラーレスカメラへのマウントアダプター設置方法も紹介しています。 この安いオールドレンズには『和製ズミクロン』なんて異名があった。ズミクロンって?なんでも写りに定評のあるライカのレンズらしい。富岡光学製の初期RIKENONだけは最短45cm撮影

上記のサイトでの作例を見てみるとかなり良さそう!しかもJPEG撮って出しなのも私の環境に近いので好印象です。

こういったオールドレンズを使うにはマウントアダプターというのが必須になりますがRICOH RIKENONはパンケーキレンズかってくらい薄いのでボディとのバランスも良さそう。

 

交換レンズならこれかな?

調べた感じ、広角レンズのオールドレンズはほとんどありませんでした。20mmくらいが限界かなーってところです。

フルサイズのカメラなら十分広角レンズと言えるかもしれませんが、APS-Cのカメラだと標準レンズくらいになってしまう…。そこで私が考えたのはこれです。

SAMYANG 12mm F2.0

フルサイズ換算で18mm程度です↓

オールドレンズではないね…。APS-Cだとこれくらいじゃないと厳しそうです。オールドレンズだと1万円以内で手に入りそうな感じでしたが、このレンズは3万円強(記事更新時)とちょっとお高めです。

でもさすが12mmってことなのでかなり広角です。

IMG_5421

こういう感じの写真を撮りたいんだよね。ちなみにこれはiPhone6s Plusリッチマンレンズっていう超広角レンズを付けて撮ったんだけど、これの高画質版を撮りたい!

もう手に入れるのは難しいです…↓

飛び道具的な使い方をしようとしているのでマニュアルレンズでも問題ないしマウントもFUJIFILM用になっているのでアダプターも必要ないです。実際に店頭で試してみたけどなかなかの広角だったので多分満足できるでしょう。F値も2なので明るいのも良いね。

 

SAMYANG 8mm F2.8 II

フルサイズ換算で12mm程度です↓

これならかなり満足できると思うなー。てか価格の安いレンズを探すとサムヤンに辿り着くな…(笑)F値が2.8とちょっと物足りなくなりそうだけど、まぁ何とかなるかなって思っています。

でももう少し明るい方が良いかも…。

 

七工匠 7Artisans 単焦点レンズ 7.5mm F2.8 Fish-eye II

フルサイズ換算で11mm程度です↓

これもF値は2.8だけど7.5mmと圧倒的な超広角。もう魚眼レンズみたいな感じです。しかも価格も安いです。

この辺を実機で試してみて決めたいと思います。

 

あとはタイミング次第だと思っています。

そんなわけで、中望遠ならオールドレンズで広角ならサムヤンなどのマニュアルレンズがコスト的に良さそうです。

まぁ一気に買えるほどの財力はないのでタイミング次第ですな。特にオールドレンズは中古市場に良い感じのが出た時が狙い目なのでチェックしていきたいと思います。

広角レンズは試し撮りや作例を見ながら最終的に決めるような感じかなー。センサーサイズがマイクロフォーサーズからAPS-Cに変わったのでF2.8でも大丈夫なんじゃないかなーと予想しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました