【絶景】渋谷スクランブルスクエアに行ってきました。

カメラ・レンズ
スポンサーリンク

まだまだ暑いね。しかも台風が来たりと天気も微妙な感じ。まだまだ快適に写真を撮れるようになるのは先なのかなーって思ってます…。

今回はそんなまだまだ暑いけど渋谷に行って写真を撮ってきた話です。

 

スポンサーリンク

単焦点レンズ1本勝負です。

カメラはFUJIFILM X-T3です。

レンズは最近どハマりしているCarl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4です。

寄れるし写りも良いし使い勝手の良いレンズです。そしてCarl Zeissらしい空気感も最高です。

もちろんLens Turbo Ⅱと組み合わせて撮ってます。

本当だったら中望遠レンズも持っていけば完璧だったかもしれないけどスナップ撮影が中心になるので広角レンズ1本でいけるだろうと思って単焦点レンズ1本勝負にすることにしました。

 

スポンサーリンク

渋谷スクランブルスクエア

久しぶりに行った渋谷はかなり変わっていて迷子になりました…。平日なのに人が多いし普段歩き回ってる秋葉原や上野とは人の流れが違うんだよね。

で、何とか到着したわけですよ。

SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
渋谷エリアでは最も高い地上47階建ての、展望施設、オフィス、産業交流施設、商業施設により構成される複合施設。「混ざり合い、生み出され、世界へ」をコンセプトに、世界中に知られる日本を代表する名所、渋谷のスクランブル交差点に面する新たな「SQUARE(街区/広場)」として、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生...

すごい感じの商業施設だなーと思うんだけど、ブランドに興味がないので特に感情はない(笑)

目的地は屋上にある渋谷スカイっていう展望フロア。14階までエレベータで上がりチケット買ってさらに45階まで上がりエスカレーターで46階って感じで移動します。

 

そりゃ絶景ですよ。

これは14階から撮ったんだけどもうすでに高いね。宮下パークってこんな形してるんだね。

RAYARD MIYASHITA PARK
渋谷・宮下公園にある商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」のアクセス・営業時間、最新ニュースやショップ&レストラン情報を随時更新! ディナーやランチにおすすめのレストランをはじめ、ラグジュアリーブランドやストリートブランド、横丁やミュージックバー、シェアオフィスといった多様な価値観やカルチャー性の高い店...

少しだけ行ってみたけど暑くてゆっくり見ることはできなかったなー。

暑すぎたのでかき氷だけ食べた。

話は戻り屋上に到着。新宿も余裕で一望できます。さすがにこれはF5.6まで絞りました。F8くらいまで絞っても良かったかもなー。基本露出以外はいじってないです。かすみ除去はたまに使うときがあるけど、最近かすみも個性として考えるようになってきたのであまり使わないようになりました。

東京タワーも見えます。ただここまでしか行けないので柵が写ってしまいます…。

めっちゃ遠いけどスカイツリーも見えます。この辺りは50mm以上のレンズでも良かったかもしれないな。

屋上はこんな感じで芝生のような感じになっています。平日なのにそこそこ人は多いけどそこまでストレスには感じなかったなー。まぁこの後陽が落ち掛けてくるとめっちゃ混んでくるんだけどね。

柵はガラス張りになっているので解放感がすごい。暑さ対策なのかミストが出ていますが歩く精密機器の私にはちょっと危険なエリア…。

BARみたいなスペースもありました。店員さん暑くて大変そうだわ。こんな屋上で風も吹きまくってるのにマスクしてるのがより大変そうだなーと思ってしまいます。

 

陽が落ちてきました。

そろそろ良い時間になってきました。人も増えてきました。ここからは時間との戦い。

屋上の一角には写真を撮ってくれるスペースがあります。撮ってくれた写真はあとで買うこともできます。

で、写真を撮ってくれた後は自分のカメラで撮ることができますが、混んでくると撮影時間が短くなります。明るいときは特に時間は言われなかったけど夕方になって混み始めると1分って言われました(笑)極端に短くなった…。

そしてこれが会心の1枚!あえてローアングルで撮ってみたら良い感じのシルエット写真になった。これは良いわ。

満足しました。下に写ってる雪駄は私の足です(笑)

週末は分からないけど平日ならそこまでストレスなく写真が撮れる程度の混みかな。

iOS16にアップデートしたら複数の写真をロック画面に設定できるようになったので縦でも写真を撮るようにしています。普段横で撮ることがほとんどなので縦は慣れるまで苦戦しそう…。

 

陽が落ちました。

時間の都合で屋上で夜景を撮る時間がなかったのは残念だったけど帰りがけに14階から少しだけ写真を撮りました。

流石に手持ちでは明るさを稼ぐのは厳しい…。

夜の宮下パーク。正式名称はMIYASHITA PARK。屋上はスポーツができるエリアになっています。これはフィルムシミュレーションのETERNAで撮ってみました。

スクランブル交差点。これもETERNAで撮ってみたけどドキュメンタリーみたいな感じになった(笑) 基本的にPROVIAでしか撮ってないけどオールドレンズとフィルムシミュレーションについてもいろいろ試してみたら面白そう。

写り込んだ照明が少し残念な気もしますがこれも良い感じに撮れた1枚。

かなり満足できました。

 

渋谷スクランブルスクエアには注意点があります。

そんなわけで、天気も良く人の量のもそこそこなので満足できました。ただここでは注意点が少しあります。

① カメラには首から下げるストラップを付けてないと持ち込むことができません。

② 鞄の持ち込みができません。

カメラストラップについては受付で無料でレンタルすることができます。

鞄はコインロッカーがあるので預けることができますがスーツケースなどの大きなバッグは入らないので受付に預けることができます。ちなみにコインロッカーは100円で返却されます。受付でバッグを預けるのは無料でした。

ポケットに入るものは持ち込みできるけどカメラ三脚や交換用のレンズは持ち込めないので毎回ロッカーまで戻ってレンズ交換をして撮りに行くって感じになります。

ちょっと不便だけど安全性を考えるとしょうがないのかもね。私は単焦点レンズ1本勝負だったので問題ないですが複数のレンズで撮りたい場合は移動と交換が面倒。

良い点は強制的に身軽になるので動きやすい。

こんな感じでカメラだけの状態なのでレンズ交換しなければ快適。この写真も地味に気に入ってます(笑)なんか雰囲気が良い感じ。

 

ONE SCENE様に私の写真が掲載されています。

今回使ったCarl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4で撮った写真がレンズ紹介ページに掲載されてます。

Carl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4を徹底解説。作例から中古相場まで
「とにかく、普段から撮りまくる」。写真の腕を上達させる方法として、昔から言われてきた言葉です。むやみやたらに撮る事を薦めている訳では無いとしても、さりとて、普段からカメラを持って「撮りまくる」為にはどのようなレンズが良いのでしょうか。最近ではズームレンズの性能が格段に上がったことも有り、カメラ購入時の標準系セットズーム...

Instagramに出してたのを見てくれたんだけど、良いと思ってくれたんだなーと思うと嬉しいよね。

こちらのホームページはサイトのデザインもシンプルで綺麗なので私のサイトももっとシンプルにしようかなーと考えさせられました(笑)

オールドレンズやカメラボディについての紹介や作例が多くあるので今後チェックするサイトに追加しようと思います。

ONE SCENE(ワンシーン) - 憧れから始めるカメラ・レンズ選び
ONE SCENE(ワンシーン)は「こんな写真を撮りたい」から始まるカメラ・レンズ選びサイトです。

 

今回使ったレンズはこちら↓

カメラはいつものFUJIFILM X-T3です↓

Lens Turbo Ⅱは必須アイテム↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました