WWDC2011のまとめ。

疲れたので写真を中心に書きますよー。

これが祭です。小田さんのクリスマスの約束の次に楽しみなイベント。Appleの新商品とサービスの発表です。

今回はOSX LionとiOS5とiCloudでした。iPhone5?には一切触れずにサプライズもなく時間通り終わりました。

そして今回は公式のLIVE配信がなかったので海外のengadgetのお世話になりました。今回分かったのは日本のサイトは更新が遅いです。

そんなわけで本編です。

初めにOSX Lion。


ついに猫科シリーズも王様になりました。かなりiOSのノウハウを使ってるなーと。詳細は使ってみなければ分からないけど、トラックパットの可能性が見えた。

詳細です。

app Storeでの販売です。29ドルとのこと。OSにしては安いと思う。

そしてiOS5です。個人的に今回1番注目してた内容。

ゲーム中でも画面上部に通知が出ます。ホップアップだと作業が強制的に止められちゃうからね。


ロック解除画面にも通知あり。

iPadのSafariがタブブラウザになります。これはiPhoneでは無理があるかも。

拡大するとこんな感じ。

iPhoneに戻りiOS5ではカメラがすぐに起動出来ます。

ロック解除画面にカメラのキーが配置されてますな。

さらにボリュームのプラスのボタンでシャッターが切れるようになります。地味に便利。過去にアプリで出て削除された経緯があるので、やっとこれで公式に対応。

そしてPCに接続しなくても始めから使えます。OSのアップデートも接続なしで出来ます。でも、もしかしたらWi-Fi環境が必須になるかも。

サポートされる端末です。3GSは切られませんでした。公開は秋とのこと。おそらく次のiPhoneのタイミングに合わせてるのかもしれませんな。iPhoneの発表はなし。

そして今回のメインになるiCloudです。ちょうど写真の雲のアイコンがクラウド。

写真やスケジュールをクラウドに上げることで即沢に他の端末と同期。

無料での提供です。

設定用のアプリもあります。

写真も撮影したら即クラウドに飛ばしますが、全部飛ばすと容量がキツイので気を使った仕様になってます。

こんな感じです。

で、iTunesもクラウドで同期出来ます。

ただし購入した楽曲のみとのこと。囲い込みですな。

全てのサービスをAppleIDで管理出来ます。個人的にはAppleIDとGoogleアカウントがあれば十分。

提供は秋頃になるので、そのタイミングでiPhone5?が出るかもね。

そんなわけで以上です。海外サイトからの情報なので俺の認識が間違ってる可能性がありますが大体はこんな感じ。

この日記に半日使ったわ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう