【感想】クリスマスの約束2016を見て。

年末の楽しみといえば小田和正さんの唯一のテレビ番組でもあるクリスマスの約束です。これが毎年楽しみで生きていると言っても大げさではないです(笑)

今年はどうだったのか?

昔は詳細が一切放送当日まで出てませんでしたがSNSが発展したのと番組自体の注目度から情報が漏れることも多くなりました。楽しみを取っておきたい私としてはちょっと残念ですな。

とはいえ小田さんも年齢的に後何年やってくれるのか毎年心配だったので、ひとまず今年もやってくれたことに本当に感謝です。ありがとうございます。

内容はどうだったのか?

今回は文章が中心になります…。

昔は小田さんがメインで歌ってくれたんだけどなーってのは野暮な話なので…。とにかく事前に情報も出てましたが宇多田ヒカルさんがついに出演してくれたってことが話題でしたな。これは初回から見ている我々としてはついにこの日が来たか!という気持ちです。

歌ってくれたのは初回に小田さんが1人で歌ったAutomatic。そして花束を君に。さらにはロックアレンジされた小田さんのたしかなこと

私が強く感じたのはやっぱり本物は生歌での力が圧倒的にすごい。純粋に歌で勝負してる人はここまですごいのかーって感じですよ。ただただ圧倒されました。これが歌ですよ!

最近では当て振りや口パクが多く、見ている人も完璧さを求めている人が多いですが私からすれば完璧な歌が聴きたければCDで聴けばいいと思います。ちょっと辛口になっちゃいましたが、生歌ってのはその人の生き様だったりその時その瞬間の感情が出てくるので、ただ歌が上手い下手よりも強烈な印象を聴いてる人に与えてくれます。私がそれを過去に強く感じたのは華原朋美の復帰してからの歌番組で歌ってる様子。それと今年はFNSで歌った鬼束ちひろの月光。これには涙腺がかなり刺激されました。久しぶりに歌で泣いたなー。

話が少し脱線しましたが今のトップチャートを騒がしている人たちには到底真似のできないことをやってくれたと思います。

個人的にはFirst Loveも歌って欲しかったなーと少しだけ思いました。

正直今年は前半の内容が濃かったので宇多田ヒカル以降はいつもの流れ(笑)過去のレジェンド級の曲を歌う感じです。しかしどの曲もコーラスなどのアレンジが相当すごい!原曲に敬意やリスペクトを示してる感じが伝わります。

まぁ何を歌ったのかはWikipediaなどで調べると分かるのであえて書きませんが…(笑)

実際にクリスマスの約束で初めて聴いて、その後原曲を調べて聴いて好きになった曲も多いです。具体的にはスターダスト・レビュー佐藤竹善TRICERATOPSなんかはかなりハマりました。

なかなか小田さんがソロで歌う曲が減ってきていますが、今年はSMAPの夜空ノムコウとオフコースのNEXTのテーマ~僕等がいたを歌ってくれました。僕等がいたについては、さすがと言った感じの選曲で心に響くものがありました。勝手にSMAPの解散と重ねてしまいましたよ。ちなみに私はその昔カラオケに行くと歌ってました(笑)世代じゃないのにねー。聴いてる周りはぽかーんでしたよ…。

今年も音声を抜き出して出先でも聴いてます。

2006年からの音源を持ってますが私自身が音楽をやってることもあって少しだけ音の編集をしてます。その技術を毎年試されてるような気分です(笑)基本的には元の音源を尊重してますが、今年やったのはテレビ用でボーカルがかなり前に出るようにミックスされてたので後ろの演奏も少し前に出るように編集しました。

あくまで個人で楽しむ用なのは言うまでもないですな。

来年も無理のない程度に…。

そんなわけで、今年も年末にテレビで良い音楽を聴くことができました。クリスマスの約束での私のオススメの聴き方は曲のアレンジとコーラスですな。とにかく絶妙に美味しいところを歌ってるんですよ。それとドラムの木村万作さん。音色が良すぎる!

それと…松たか子は可愛い!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう