【2016年6月版】ドラマーの私が気になったイヤホン、ヘッドホンは3つ。

最近カメラネタとか書いてないなー。レビュー依頼が多いのでオーディオばっかり書いてます…。

というわけで、最近久しぶりにイヤホンとヘッドホンを試聴してきました。その中で気になったのをいくつかピックアップしてみたいと思います。

31LqsCvbDRL

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Silver Moon)

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

このメーカーのイヤホンは以前から知っていて音も自然な感じで良いなーと思っていたんだけど、何せ価格が高いのとリケーブルができないのが難点でした。高額なイヤホンは断線のことを気にしてしまいます。そんな中、このイヤホンは価格が安いです。

どんなもんかなーと正直あまり期待してなかったんだけど試聴してびっくり。良い感じじゃないの!と、ハードルを下げていた分少し感動しました(笑)

音質は比較的フラットで低音も反応が良くタイトに鳴ります。高音もしっかり出るので立体感があります。音場も広く感じました。思わず衝動買いしてしまいそうになったわ。

これも良い感じなんだけど価格が高いのが難点…。

他の機種と比較すると低価格ながらも基本的な音の方向性は同じように感じました。特に低音はタイトで引き締まった感じです。低音を面ではなく点で感じたい人にオススメです。

816YXwa7UyL._SL1500_

FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3n

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

次はヘッドホンです。FOSTEXは個人的に好きなメーカーなので信頼感はあったんだけどね。これもモニターヘッドホン的な音なので低音がタイトで反応が良いです。高音もちゃんと出て解像度も高いです。

今回これが気になった最大の理由はリケーブルができること。というのもあれと組み合わせればかなり良さそうだなーと思ったわけです。

詳しくは上の過去記事を読んでみてって感じだけど、これでスマートなBluetoothヘッドホンになるなーと考えたわけです。

er_er4sraa

ETYMOTIC RESEARCH ER4SR

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

リンク準備中…。

これはもうイヤホン好きであればきっと誰でも知ってるER4Sの後継機種ですよ。

これはもう究極の原音重視の超フラットな名器ですな。これの後継機種であれば期待しないはずがないです。というのもまだ試聴してません…(笑)でも確実に好みの音質だと思います。

今回からの仕様としてリケーブルがMMCXコネクタを採用しています。ってことはリケーブルの選択肢が多いってことになりますが…そうも上手くはいかないみたいです。というのも他の人のレビューではMMCXのコネクタの形状が少し特殊で干渉するみたいです。これは残念ですよ。でも今後対応したケーブルをどこかが作ってくれるんじゃないかと期待してしまいます。

価格が高いのが気になりますが、確実に満足度は高いと思うので試聴したら衝動買いする…ってこともありえます(笑)怖いねー。

そんなわけで、今回は3つのイヤホン、ヘッドホンが気になりました。耳は2つしかないのでいっぱい持ってても使えるのは1つなので全てを購入することはないですが、茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Silver Moon)はちょっと買っても良いかなーと本気で思いました。

最後に私が愛用しているイヤホンを載せておきます。

どんなジャンルでも良い感じに鳴らします↓

いろんなイヤホンを試聴してますが基準はこれです。ダイナミック型では最強だと思ってます。

音は良いけど装着感に難ありなのでリモールドを考えてます↓

生産完了品なので新品を手に入れるのは難しいですが愛用してます。しかし装着感に難ありなのでステージ用のモニターイヤホンとしては使ってません。リモールドしてカスタムIEM化すればもう少し出番が増えるかも…。

これはもう仕事で使ってるので…(笑)必須アイテムですよ。近々改造しようと企んでます。

まぁ面白みのない比較的王道なイヤホンとヘッドホンを使ってます(笑)EPH-100だけはちょっと変化球かな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう