【MacBook Early 2016】今分かってる問題点と対策を3つ書き出す。

macbook2016

マジで買います。そのため先に準備したり確認することがあるので書き出しますよ。

その前にネット上ではMacBook Airの13インチのメモリが8GB標準になるので(11インチは4GBから)MacBook Airが買いだな。みたいな話を見ましたが私はRetinaディスプレイが欲しいので全く考えてません。MacBook Airは画面の作業範囲が狭いのも不便だったし…。

それとMacBookのキーボードは薄くて打ちにくいとも言われますが、私は移動中の電車内で記事の更新をするのでMacBook Airのキーボードではパチパチ音がするのを気にしてしまいます。多分あれうるさいよね?なのでMacBookのキーボードのほうが静音で気にならないんじゃないかと考えてます。ぶっちゃけ打ちやすさなんてのは慣れるはず(笑)

というわけで書き出します。

USB-Cだけどモバイルバッテリーで充電できるのか?

どうやらネットの情報ではモバイルバッテーリーの仕様によっては充電ではなく給電になる物もあるようです。給電だとやんわり電池が減っていくだけでMacBookのバッテリー残量は増えません。ちなみにこれは使用しながらであってMacBookを使ってない状態(スリープや電源オフ)であれば充電はされるようです。多分充電速度はかなり遅いと思うけど…。

ネットで調べた中で実際に使用中でも充電できたモバイルバッテリーがこれ。

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

安定のAnkerですな。評判の良い低価格で大容量のバッテリーです。これなら充電ができるそうですがACアダプタで充電するより2倍くらい満充電まで時間がかかるようです。まぁ出先での緊急用ってことで給電ではなく充電されるので良しとしましょう。今後もっと出力の大きいバッテリーが出ると思うし…。

ってことはACアダプタも気にしなければならないのか?

そういうことになりますな。USBのACアダプタで充電できると思ってその辺にあるスマートフォン用のUSB ACアダプタを使うと充電できないorめっちゃ時間かかる可能性があります。

ネットで調べてみるとやっぱりあのメーカーの製品が使える(条件あり)との情報が…。

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

私はAnkerの回し者ではないですよ(笑)

これで充電もできますが使いながらでは給電状態になるようです。なのでMacBook本体の電池を充電したい場合はスリープか電源オフにしておく必要があります。

純正のACアダプタはUSB Power Delivery Specification, Revision 2.0に対応しての急速充電に対応なので今後サードパーティー製の低価格な製品が出るまではこれで代用するしかないかなー。

ところでCPUはどうなの?

CPU

これが1番気になります。購入するときにCTO(カスタマイズオーダー)でCPUを上位モデルに変更しようかなーとも考えてます。どうやら標準の1.1GHzデュアルコアIntel Core m3でもMacBook Airと同等の処理能力があるとの情報もあるので+30,000円にはなってしまうけど1.3GHzデュアルコアIntel Core m7にスペックアップするのもありかなーと。長く使う(短く見ても3年)ことにあるので中途半端な妥協はしたくないってのが本音。ちなみにMacBook Airを買うときはメモリ4GBでとりあえず平気だろうと思ってたら後悔することになった過去があります。

変にケチるのは後々後悔しそうで怖いです…。

そんなわけで今の時点で気になってるところはこんな感じです。考えてみると意外に問題が少ないです。身の丈にあった物を選んでるってことなのかなー。まぁ他には色をどうしようかなーっていう悩みもあります(笑)私は優柔不断なんですよ…。シルバーゴールドで悩んでます。

iMacとMacBook Airの買取価格も調べてますが両方合わせて10万円を超えそうなのでいよいよ動きますよ!早ければ来週あたりにでも実行しようかな…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう