MacBookにサブディスプレイを追加するアダプタが進化しました。

Mac
スポンサーリンク

以前こんな話を書いてました。

【サブディスプレイ】MountieでMacBook Airの画面を拡張してみた。
タイトルだけでは何のことですか?って感じだわな。簡単に説明するとMacのディスプレイにiPhoneやiPadを設置するアダプタって感じです。Ten One Design Mountie (iPhone、iPad用サブ...

正直あまり出番はないですが、思いっきり作業するときは役に立ちます。今回はこの製品が進化したのを見つけて気になったので書いていきます。

以前のモデルはこちら↓

MacBook Airを使ってた時代に買いましたがなかなか便利です。

 

クリップ部分が2箇所になった!

Ten One Design Mountie+(マウンティプラス)ディスプレイアダプタ マルチディスプレイ 固定グッズ iPhone iPad MacBook グレイ TEN-OT-000004

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

クリップ部分が1箇所でも安定して固定されてましたが、おそらくiPad Proなどの大きめの端末を安定して取り付けできるようにしたのかなー。

こんな感じで固定してMacBookの画面を拡張できます。

ここに興味を持ったんだけどLightningケーブルを通すことのできる穴があるので取り付けている時でも充電ができます。これはかなり便利そうです。

Amazonに出ている画像ではこんな感じ付けてますが多分液晶側が重すぎて倒れると思います(笑)実際にMacBook AirでiPad Airを取り付けると重さで倒れました。今はiPad miniと12インチMacBookを使っているので安定するかちょっと試してみます。

 

価格が少し高いのが気になる…。

そんなわけで、ちょっと気になったディスプレイアダプタの話でした。

ちなみにMacBookの画面を拡張したい場合はDuet Displayを使うことをオススメします。有線での接続なので無線に比べて接続が安定します。

詳しくは↓

【有線接続】Duet Displayを試してみました。
なかなか興味深いアプリを見つけたので人柱になってみました。Duet Display元Appleのエンジニアが作ったアプリとのこと。内容としてはiOS端末がMacのサブディスプレイになるとのこと。これは他のアプリですで...

余談ですがMacBookの作業領域の狭さが気になる場合はこんな方法もあります。

【解像度変更】MacBookのRetina Displayを最大限に活かす方法とおまけ。【アプリ】
Retinaディスプレイの本気を知りたくないかい?って話。主に設定とアプリについて書きました。

MacBookのRetinaディスプレイを最大限生かす方法だと思っています。超オススメです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう