【配信もOK】立体音響で空気感を感じれるライブ音源作りませんか?

やります!
スポンサーリンク

 

ライブハウス生きてますか?

 

というわけで、最近SNSなどを中心に見かけることが増えた配信ライブですがどうですか?やってますか?

ダセーから俺らは配信ライブなんてしない!って思ってますか?

分からなくもないです。私も何度かSNSで見つけた配信ライブを見ましたが、まぁ正直微妙なのが多いです。私は映像についてはあまり分かりませんが音に関しては本物のライブとは程遠いかなーって印象です。

まだまだ手探りの状態なのでこれから進化していく可能性も高いですが、特に足りないと感じたのは空気感かな。空間的な要素が音源に出ていないんだよね。これでは配信ライブでライブ感を感じることは難しいと思いました。

しかもよくある配信ライブってラインで録った音源を流してる印象です。なので基本的にミスや粗が目立ちます。実際のライブ会場だと爆音だしその場の空気感もあってミスもミスじゃなくなることも少なくはないです。それがラインだと良くも悪くも音がくっきりしてるんだよね。しかもバランスもちょっと悪い。

そこで、私が提案するのは数年前から研究をしている立体音響ですよ。バイノーラル録音っていう録音方法で、ざっくり説明するとASMRの音楽バージョンって感じです。

ちなみにASMRとは…

ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚[1]。正式、および一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応(じりつかんかくぜっちょうはんのう)となる。

※Wikipediaより引用

この録音方法でライブを録音するとどうなるのか?イヤホンで聴いてね。

こうなります。ちなみに4年前に録った音源なので、今ならもう少し上手くやれるかも…と思っています。

ちなみに映像付きだとこんな感じです。イヤホンで聴いてね。

【バイノーラル録音】ulma sound junction@新宿LiveFreak Part4

まぁ映像はおまけ程度です(笑)ちゃんと伝わるのか分かりませんが、少なくとも今ある配信ライブの音源とは様子が違うと思います。

ほとんど加工していないので良くも悪くも実際にライブハウスで聴く音に近いと思います。厳密には空間的な音圧とか空気の震えまでは再現できてませんが、この音源を爆音で聴けば擬似ライブハウスに少し近づけるんじゃないかなーと思います。

過去にこの録音方法でライブを録り限定的に配信しましたが、なかなか好評でした。新しい試みとして上々だと感じました。

この音源を完全に体験する方法は簡単です。イヤホンやヘッドホンで聴いてください。それだけです。最近はスピーカーよりもイヤホンで音楽を聴いている人が多いので今の時代に合っていると思います。

 

で、いくらでやってくれるの?

そこに関しては、なかなか悩みました。で、結論としては…

基本無料でやります!

うん。まぁ気持ちだけ頂ければいいです。ビール1杯でもいいです。あまりにも遠い場所だとちょっと交通費が欲しいかも…(笑)

まぁとにかくお金のためにやるわけではないので気持ちだけで良いです。

コロナウイルスの影響でライブハウス界隈が厳しいのを知っていますので少しでも力になれればというか、アプローチの仕方を提案できればと思っています。ウケるかもしれないし全くウケないかもしれないけどね(笑)

とりあえずそんな感じです。

今の私は音楽から離れてしまったけど、結局気になってるんだよね。

興味を持った方はこのHPのお問い合わせでもTwitterからでも何でも良いので絡んでみてください。理想もありますが、この録音方法で思い描いている未来をもっと語れます(笑)

そんなわけで、無料でやることに決めましたが誰にでもやるってわけではなく最低限相手を選ぶことにします。具体的にはカラオケ音源を流して歌ってるのはお断りします。というのも多分オケ(カラオケ)の音源では今回の録音方法の良さが出ない可能性が高いからです。アコースティックギター1本だけでも良いので生演奏っていうのが条件です。

ライブハウスだけではなく路上での弾き語りなんかも面白い結果になりそうです。実際にやってみたことはないですが、多分街の音と音楽が良い感じに立体的に混ざるんじゃないかなーと予想しています。

こんな時代だからとネガティヴにならずに新しい表現方法を一緒に追求できればなーと思っているので気軽にどうぞー。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました