【デジカメ編】2018年を振り返る。

デジカメ
スポンサーリンク

果たして今年中に主要なカテゴリーのまとめ話を書くことができるのか?

明日から現代では珍しい携帯の電波が入らない希少な地域で過ごすことになっているので時間は残されてません…。

 

今年は静かな1年でした。

2018年は6本しか書いてませんでした…。決してカメラに対する興味がなくなったわけではないです。どちらかというとフルサイズミラーレスなど物欲が刺激される話題が多いネタとしてはかなり充実した1年でしたが、圧倒的に財政が追いつきませんでした(笑)

なので今年も相変わらずOLYMPUS OM-D E-M10を愛用しています。

中古が狙い目です↓

 

レンズはパナソニックの単焦点を使っています↓

 

基本的にはレビューした話を書くためのブツ撮りがメインだったので特に不満はありませんでした。人物(できれば女の子)を撮りたいんだけどなかなか良い機会に恵まれてませんでした…。

 

高画質戦争から距離をおこうとしています。

今までは明るいレンズや広角レンズにこだわっていましたが、今年は少し流れが変わりました。

【候補は3つ】マイクロフォーサーズで使うオールドレンズについて考えてみた。
マニュアルフォーカスでの撮影に挑戦しようと思った理由とレンズを探してみた話です。

オールドレンズに興味を持ちました。オートフォーカスではなく自分でピントを合わせるマニュアルフォーカスなのでなかなか厳しいのではないか?と、思って縁がないレンズだなーと思っていましたが、作例を見ていると撮影者の技術が良く出ているなーと思って興味を持ちました。それに雰囲気のある独特な写真にも惹かれます。

最近はカメラ任せで十分綺麗な写真が撮れる時代ですが、試行錯誤しながら撮影するのが楽しみの1つだと思っているので、あえて難しそうな世界に飛び込んでみたいなーと。

しかしオールドレンズは中古のみでしか手に入れることができないのでタイミングが合わないと手に入れることができません。

 

しかし気になってしまいます。

フルサイズミラーレスカメラが気になる…と思いきや、APS-Cのミラーレス機がコストパフォーマンス高いのではないか?と、思いました。

 

今使っているOLYMPUS OM-D E-M10から乗り換えるにはちょうど良いのではないかと正直今でも気になっています。ボディだけど中古を調べてみると5万円台からありました。(記事更新時)

 

やっぱりクラウドファンディングが熱い!

こんな感じで、他のカメラに興味を持ちつつもお金がなく乗り換えることができませんでしたが、ここでもやっぱりクラウドファンディングで面白いレンズを見つけてしまい支援しました。

【カメラの話】もう高画質を追い求めることはやめることにしました。
もう高画質、高解像度を追い求めることはやめることにしました。これからは個性が大事!

ピンホールカメラレンズという現代のカメラレンズの原点とも言えるシンプルな仕組みのレンズです。作例を見ていると、かなり癖のある写真が撮れそうなので高画質より個性的な写真を目指そうと思ったわけです。

極端な話ですが、高画質を求めるなら高級で高額なカメラ本体とレンズを買えばそこそこ戦えます。

私の考えとしては、OLYMPUS OM-D E-M10で話題のフルサイズミラーレス機や一眼レフより良い写真が撮れないかなーと思うわけです。ここでいう良い写真というのは高画質だけではなく総合的に見て…ということです。

 

来年はフルサイズコンデジの時代かも?

そんなわけで、2019年はフルサイズコンデジが出るかなー?と予想しています。

私はもう少し今使っているカメラで戦おうと思っています。クラウドファンディングで支援したレンズも近々届くと思うしまだまだ遊べますな!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました