【2018年12月版】気になったフルワイヤレスイヤホンが4つあります。

イヤホン
スポンサーリンク

AirPodsがへたってきました…。仕様としては1回の充電での連続再生時間が最大5時間となっていますが、今現在での連続再生時間は…約1.5時間。これはもう完全にバッテリーの劣化ですな。特に右側のイヤホンの電池持ちが悪い。

発売直後に買ったので丸2年くらい使いましたが、これは寿命ですかね。ちょっと早い気もしますが引退かな。

ってことで次にメインで使うフルワイヤレスイヤホンについて調べてみました。AirPodsと同じような仕様が最低条件です。

 

① JBL FREE X

JBL FREE X 完全ワイヤレスイヤホン IPX5防水

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

個人的にJBLは好みな音だなーということが分かりました。

【高コスパ】JBL E25BT Bluetoothイヤホンを試す。【¥5,000前後】
バンド系の音楽を聴いてる人は満足できる音だと思います。

フルワイヤレスイヤホンではないけど、このBluetoothイヤホンの音がかなり良かったんですよ。フラットな感じに少し低音を足したようなバランスがツボにはまりました。ということでJBLのフルワイヤレスイヤホンにも期待しています。連続再生時間は約4時間とAirPodsより少し劣ります。

 

② AVIOT TE-D01b

AVIOT TE-D01b Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス QCC3026搭載 IPX7完全防水

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

以前から知ってはいましたが、AirPodsで満足していたので気にしていませんでしたが調べてみるとかなり良さそう!

なんとイヤホン単体での連続再生時間が9時間!そりゃドヤ顔にもなりますな(笑)

内容を簡単にまとめると、日本の音を知り尽くしたエキスパートがチューニングしたとのこと。そしてQCC3026チップというのを実装していることで人ごみの中でも電波が途切れにくい。

Amazonのレビューを見る限りでは評価も良い感じなので期待できそうですな。

まぁなにより連続再生時間9時間のインパクトが強すぎます。

 

他にもTE-D01aTE-D01cという兄弟機種もありますが、イヤホン単体での連続再生時間は4.5時間4時間と平均的です。音質の評判は良いので試聴してみたいところ。

 

③ NUARL NT01AX

NUARL 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth5 高音質HDSS採用 IPX4防水 最大再生時間35時間 NT01AX

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これも長時間再生がポイントでイヤホン単体での連続再生時間は10時間です!!完全ワイヤレスイヤホンは電池持ちが悪いというイメージが変わりますな。

音質の評判も良さそうなので試聴したいわなー。

 

④ GLIDiC Sound Air TW-7000

GLIDiC Sound Air TW-7000 アーバンブラック SB-WS72-MRTW

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これはカナルワークスというカスタムIEMのブランドが監修したイヤホンとのことで装着感と遮音性が良いとのこと。ちなみにカスタムIEMとは耳型を採ってオリジナルのイヤホン作るあれです。

カスタムIEMを着けてる人はテレビくらいでしか見たことがない。
みなさんはカスタムIEMはご存知だろうか?こんなやつです。プロのミュージシャンなどがステージで着けてるイヤフォン。イヤモニってやつです。耳の型を採ってからシェルを作ります。なので、その人にしか合わない世界で唯...

そしてイヤホン単体での連続再生時間は約9時間とスタミナがあります。

 

1万円台が狙い目?

そんなわけでAirPodsから乗り換えるために完全ワイヤレスイヤホンについて調べてみました。ポタフェスでもそうでしたが、今年は完全ワイヤレスイヤホンが中心だった1年のような気がします。

問題点である電池持ちの問題も少しづつ改善してきているので、来年2019年にはもっと低価格で電池持ちの良い完全ワイヤレスイヤホンなんてのも出てくるのではないか?と予想できます。

単純に価格だけ見れば安い完全ワイヤレスイヤホンも多く出ていますが、現時点では少し頑張って1万円台のイヤホンを選んだ方が満足できそうな気がしました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました