【#AirPods】バランスの良い音で聴く方法。【小ネタ】

イヤホン
スポンサーリンク

最近外を歩いていると多く見かけるようになったApple純正フルワイヤレスイヤホンのAirPodsですが、私は初代のAirPodsを持ってますが電池が絶望的にヘタってきたので自宅待機している状態です。また買おうかなーとも考えましたが最近有線イヤホンが必要な場面が多いので保留中です…。

ということで、耳からうどんが出ているとか言われていたAirPodsですが、すっかり世間に浸透して人気機種になったわけです。

現行機種(ワイヤレス充電対応)です↓

いわゆる耳栓型(カナル型)ではないので評価が分かれるところですが、装着は慣れると快適です。耳にはめるというよりは耳に置くといった感覚です。

初代モデルですが過去にレビューしています。

【買ったぞ!】AirPodsの外観を細かくチェックしてみた。【前半】
もう何も細かいことは考えずポチってたわけです。興味はあったけど特に狙ってたわけじゃないんだけどね(笑)物欲って怖いね。 というわけで、最速で手に入れたので開封の儀みたいな感じで進めていこうと思います。ちなみに個人的に気になってたあれが使えるかも試してみました。
【買ったぞ!】AirPodsの使い勝手を細かくチェックしてみた。【後半】
他の機種だとNFCでの接続で簡単にできますがiOS端末は対応してないので現状では1番簡単に接続できるBluetoothイヤホンだと思います。

今回はその最近街でよく見かけるAirPodsで気になったことについて書いていきたいと思います。

 

その装着方法合ってる?

私が1番気になったのは装着方法です。

AirPodsは装着方法で音質がかなり変わります。最大限ポテンシャルを引き出したい人は参考にしてみてください。

こうやって装着している人が多いんですよ。まぁ装着方法は個人の自由ですが、この装着方法だと高音域の抜けが悪く低音ばかりが強調されてしまいます。

では、音抜けが良くなる装着方法は?

こんな感じです。ポイントとしては先端のマイク部分は下方向に向けて、耳にはめ込む部分の前の方を内側に回すように入れるようにすると全体の音域のバランスが良くなります。もちろん個人の耳の形によって変わるので微調整は必要です。

イヤホンの角度によって装着時の安定性以外に音質にも大きく影響するのでベストな角度を見つけたいですな。

 

装着感を高めるアクセサリーも有効。

AirPodsは耳栓型(カナル型)ではないので落下するリスクがあるのも特徴の1つ。

私も落下防止アイテム的なのを購入したことがありますが、充電用のケースに入らないのが難点。

これはEarPods用ですが落下は防げるけど充電するときに外さなければならないのが面倒…。実用的ではないです。

【装着感アップ!】earhoox for EarPodsを買いました。
純正イヤホンの装着感をアップするアイテムです。EarPodsを使ってる人も多いので注目ですよ!

初代のAirPodsを使ってたときにはありませんでしたが、今では充電ケースに対応したカバーもあります。

{Fit in the case} AirPods DamonLight

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

着けないよりかは落下するリスクが減りそうな感じです。

 

最近近所でこんなの見つけました。

これだけよく見かけるAirPodsですが、地元(田舎)ではこんなのもよく見ます。

Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス イヤホン スポーツ 高音質 ブルートゥース イヤホン 片耳 両耳とも対応 左右分離型 ワンボタン設計 マイク内蔵 通話可 防水 充電式収納ケース付 iPhone Android 対応

名前が長げぇ…(笑)

まぁ某国お得意のパクリ商品ですな(笑)

まぁ私としては何の興味のない製品ですが、ちらほら見かけます。

 

良い音で聴こえるポイントを探そう。

そんなわけで、AirPodsを使っている人を見て気になってたことについて書いてみました。

耳に入れたときのイヤホンの角度で音が変わるので使っている人はちょっとやってみてください。大げさではなくかなり音が変わりますよー!

 

やっぱり純正が1番ですな↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました