千代掛というバッグは日本版サコッシュでした。

過去にサコッシュというのに興味を持ち調べてみました。

雑貨屋で見つけたサコッシュって種類のバッグを調べてみた話です。

この話を書いた後も暇があればネットで調べていたのですが、とある物を見つけたわけです。

その名も【千代掛】です。

読み方は「ちよかけ」といってお祭りの時に財布やタバコなどを入れるための小粋な小物入れとのこと。

こんな感じのバッグです。これを見た瞬間に私は気がついたわけです。

「これってサコッシュじゃないか?」

ということで、浅草まで行って探してみました。

平日で休みのお店が多く探すのに苦戦しましたがやっと良い感じのを見つけて購入しました。

これが千代掛だ!

浅草にあるう布ふというお店で買いました。

この文様が何なのかは不明です…。調べたけど出てこなかった。

じぱんぐ見聞録というメーカーでした。

メインのポケットはファスナーになっています。中には小さいポケットもあります。

外にもポケットがありますがファスナーやボタンなどはないので貴重品を入れるにはちょっと心配です。

メインのポケットにはiPad miniがギリギリ入ります。しかしこれを入れてしまうと他の物を入れるのが厳しくなります。

ファスナー部分が少し寂しい感じがしたので青山にあるSOU・SOU KYOTOで貰ったてるてる坊主を取り付けました。雨の日に買い物すると貰えます(笑)

背負ってみました。

紐の長さは調節できるのでベストだと思える場所に合わせました。もう少し短くしても良いかもなー。

後ろにするとこんな感じ。

サブのバッグとして最適です。

そんなわけで、日本版サコッシュって感じでとても満足しています。

私の場合は荷物が多く、サコッシュだけでは間に合わないのでバックパックと組み合わせて使うようにしています。

超薄型バックパックのUnder-The-Jack Packがやっと届いた話です。

この超薄いバックパックと組み合わせています。これから寒くなる時期は上着の下に掛けることでスマートに貴重品を管理することができると思うので重宝しそうです。もちろん旅先での移動用のバッグとしても役に立ちます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう