【iPhone X】moshiのクリアな手帳型ケースを試す。

タイトルを見ての通り…早々とエレコムの手帳型ケースから乗り換えました(笑)

透明な手帳型ケースを試してみた話です。まぁそこそこ満足してますよ。

価格的にはエレコムの方が断然安いですが、ちょっと品質に我慢ができなかったのでmoshiの手帳型ケースを買いましたよ。

ずっと前から気になってました。

気になってたんですよ。でも価格が高いので手が出せなかった。手が出せる価格帯のケースでは満足できなかった。なので…

moshi StealthCover for iPhone X (Gunmetal Gray) ケース 半透明 全体保護 高耐久 ガラス仕上げ 米軍MIL規格 ワイヤレス充電対応

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

買ったんですよ。相変わらず買い物が下手ですな。

今回はこのケースをエレコムのケースと比較しながら書いていきたいと思います。

装着方法は絵で説明されてます。見れば分かるって感じです。

今回も写真が多めです。

外観をチェック。

本体の品質はエレコムのケースより高級感があります。カラーはグレーを選びました。他にはピンクもありますが個人的にはクリアがあれば完璧でした。エレコムのケースはクリアがあります。

これはエレコムのケースと同様ですがスタンド機能はありません。

インカメラとFaceIDのセンサー部分は切り抜かれているのでフリップを閉じた状態でもロックの解除ができます。ちなみにエレコムのケースはフリップを閉じた状態ではインカメラのみ使用可能でFaceIDには非対応です。

フリップを閉じたときはマグネットで固定されますが磁力が弱すぎてあまり効果はないです。エレコムのケースは特にマグネットなどの固定する機能はないです。

メーカーのロゴは角度を変えるとさりげなく見える程度です。

ホームボタンは完全に保護されています。ここはエレコムも同様です。

スピーカー部分とLightning端子は開いています。Lightning端子部分は大きめに開いているので純正品以外のケーブルでもある程度利用可能です。

天面はこんな感じです。エレコムも同様です。

カメラ部分は大きく開いてます。iPhone Xのカメラレンズより前に出ているので平らなところに置いたときにカメラレンズが当たる心配はないです。エレコムのケースはカメラレンズと同じ高さでした。

装着してみた。

moshi StealthCover for iPhone Xもフリップ部分が透明なので閉じた状態絵も画面の確認ができるので比較してみます。

まずは開いた状態ですが、視認性は当たり前ですが良好です。

フリップを閉じるとこんな感じになります。閉じたときの視認性はエレコムのケースの方が良好ですが、moshi StealthCover for iPhone Xも通知の確認程度であれば問題なくできます。

この辺は本体カラーにクリアがあるエレコムの方が優秀ですな。

インカメラ部分は特に目立った寸法ズレもなく開いてます。もちろんFaceIDでのロック解除も問題なし。当然ですがフリップを閉じた状態でのタッチパネル操作はできません。

音量ボタンやマナーモードの切り替え部分が完全に開いてます。

iPhone Xを装着するケース部分はハードケースなのでエレコムのケースみたいにめくれることはありませんがホームボタン部分だけは柔らかいのでめくれます。

まとめます。

そんなわけで、簡単にケースを乗り換えましたが概ね満足しています。

特に良かった部分は、ケースの素材がシリコンのようなふにゃふにゃではなくハードタイプでしっかりしていたことと、フリップを閉じた状態でFaceIDでロック解除ができるのでフリップを開けてからの操作がスムーズで快適です。

ちょっと残念な部分は、カラーバリエーションにクリアがなかった。

こんなところです。今回はすぐに他のケースに乗り換えることはなさそうです(笑)

今回レビューしたのはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう