【Instagram】簡単に臨場感のある写真を撮る方法。

Unknown

Instagram使ってる人多いよねー。私も利用してますが使ってる理由が1つだけあります。

それはIFTTTを使ってTwitterとFacebookにサムネイル付きで投稿できること!

FacebookはそのままInstagramから投稿してもタイムラインにサムネイル付きで投稿できますがTwitterではInstagramのリンクのみが表示されてしまうのでURLを選択しないと写真を見ることができないんですよ。これってスマートじゃないわ。

IFTTTってのは、いわゆるウェブアプリてやつで「もし○○したら○○する」という感じで2つのサービス同士を連携させる便利なアプリなんですよ。

で、私の場合は、「もしInstagramに投稿したらTwitterにサムネイル付きで投稿する」という風に設定してます。

IF_Recipes_-_IFTTT

こんな感じです。これについては長くなりそうなので違う機会に書きたいと思います。とりあえずそんな理由でInstagramを使ってます。

話が脱線したので戻しますが、つい最近ネット上でInstagramで臨場感の出る撮影方法ってのがあったので試してみました。

IMG_2175

その方法は簡単です。iPhoneを逆さにして撮影する。それだけです。

実際にどんなもんか試してみました。

まずは普通に持って撮影。

IMG_2173

うーん。まぁ普通です。

次にiPhoneを逆さにして撮影した写真がこちら…

IMG_2174

手持ちでの撮影なのでアングルが微妙に違いますが…どうだろうか?確かに少し雰囲気は違う気がしますが、そこまで大きな違いは感じないかなー。でも逆さにしたほうが若干良い感じにも見える…。

そんなわけで大げさなタイトルだったのでがっかりした人もいるかもしれませんが、気になった方は試してみてはどうでしょうか。ちなみに逆さで撮影してもちゃんと上下の認識はするので撮影後に写真を回転させる必要はないです。

IMG_2167

ちなみにOLYMPUS E-M10で撮影するとこんな感じ。iPhoneと比較するのも酷ですが、さすがのクオリティですな。最近マジで単焦点レンズが欲しくなったので買ってしまいそうです。ちょっと比較してみたので今度ブログネタとして書きたいと思います。他にもカメラグッズを買ったしネタはあるんだけどなかなか集中して書く時間がないのが最近の悩み…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう