AirPodsを半年使って分かった2つの問題。

AirPodsを買ってからは基本的にBluetoothイヤホンはこれしか使ってないくらい愛用しています。総合的にはかなり満足してますが長く使っていることで、いくつかの問題点も分かってきました。今回はその話を書いていきたいと思います。

ケースの汚れが気になる…。

これは地味に購入当初から気になってました。外側はケースを買ったので問題ないんですが蓋を開けたところの汚れが気になる…。

ちなみにケースはこれを使ってます↓

レビューも書いてます↓

AirPodsのケースのケースを買った話です。苦手なシリコン製も案外悪くない物が多いと思いました。

で、汚れが気になる部分はここです。

ちょうど丸で囲ってある部分が汚れで黒ずんでしまうんですよ…。拭いても拭いても気がつくと汚れてるわけです。特に使用上の問題はないですが気になってしまいますな。

髪の毛が長い人は要注意。

これについてはそのままの意味です。AirPodsはカナル型(耳栓型)ではなく耳に乗せるタイプのオープン型なので髪の毛が長い人はAirPodsに引っかかって落ちやすいです。私も髪の毛が長いので何回か落としました…。なかなか心臓に悪いですよ。

こんな感じで髪の毛を束ねていれば何の問題もないんだけどね。なので女の子は気をつけたほうがいいかなーって感じです。

やっぱカナル型のAirPodsを作って欲しい。

そんなわけでAirPodsはかなり便利ですが、長く使うことで気になる部分が出てきたので書き出してみました。どうやら次のiOS11ではAirPodsのタッチ操作でできることが増えるので更に快適になると思います。

具体的には、今まではAirPodsをダブルタップするとSiriが起動するか曲の再生、停止の操作しかできなかったのが左右のAirPodsに曲送りと戻しの動作の振り分けが可能になります。例えば右側のAirPodsをダブルタップすると再生、停止、そして左側のAirPodsをダブルタップで次の曲を再生(曲送り)といった感じに割り振ることができるようです。

ますます便利になるのは嬉しいことですがやっぱりカナル型のAirPodsがあると遮音性や装着感の安定が解決するので作って欲しいところですな。

早く体験したいのでiPhoneにベータ版を入れてみようかかなり悩んでます(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう