iPod標準イヤフォン完結編。

マニアックな趣味の話を書こうと思ったけど、今日偶然iPod標準イヤフォンについて進展があったので書き残しておきます。これも趣味ですが(笑)

前回の日記のおさらい。

o0480035911473722100

Amazonのレビューも参考にしてます↓

このiPodを買えば必ず付いてくる標準イヤフォン。こいつの音が意外に好みだったが耳にちゃんとフィットしなかったので、

o0480035911473722134

イヤーパットを着けて、

o0480035911473722198

シュアー掛けをしたら良い感じにフィットしました。

って話の続きです。

今日は実際に装着して移動してみました。そしたら気がついたことがあったわけです。

俺はiPod nanoを首から下げて使ってるんだけど動くとシュアー掛けの位置がズレる。まぁ元々そういう装着方法じゃないから当然と言えば当然。動くもんだから音の聴こえ方が変わるんだよね。これが1日中気になってました。

そこで秋葉原をいつものように歩き回ってたら面白い物を発見。

o0480035911475392797

プレアデスのInnovelis BudFits for iPod/iPhone Earphones Adapter

Amazonのレビューも参考にしてます↓

とても長い名前ですな(笑)ネットではBudFitsで検索すれば出てくると思います。

内容は、iPod標準イヤフォンを耳掛けに変えるアダプタです。これが意外にも入手困難だったりします。Amazonでも注文が出来ない状況です。見つけたらラッキーです(笑)

で、早速標準イヤフォンに装着。

o0480035911475392726

こんな感じになります。

o0480035911475392790

ケーブルは耳掛けの部分にはめこんで固定します。

o0480035911475392711

標準イヤフォンです。

o0480035911475392771

俺はフィット感を上げるためにイヤーパットを着けてます。

これで実際に耳に掛けてみたら…かなり良いポジションではまった。これは快適だし音抜けも良い。

標準イヤフォンのポテンシャルを完全に引き出せた瞬間です。

これで標準イヤフォンのカスタマイズは完了です。もう何も気になるところはない。

もしiPod標準イヤフォンを使ってる人がいたら、耳にはめた時に音が出る部分を少しだけ斜め下に傾けてみてください。おそらく音の聴こえ方が変わると思います。これが音の抜けです。

もしやってみて、おぉー!って思ったらBudFitsがオススメです。そのポジションでキープされます。

iPod標準イヤフォンを使ってる人はけっこうな確率で見かけるから需要はあるかもしれませんな。そこまでこだわらない人がほとんどかもしれないけど(笑)

でも、どうせ使ってるならそいつ(イヤフォン)の全力を見たいじゃないか!!

そんなわけでフラットな音が好みな俺としては、かなり気持ちよくリスニング出来る状態になりました。

で、余談だけどiPod標準イヤフォンが自分の好みに合うなーってことでApple純正カナル型イヤフォンの試聴をしてみた。

o0400026711475392675

Amazonのレビューも参考にしてます↓

これね。なかなか試聴出来る店がなくてショーケース越しに眺めてただけだったんだけど、秋葉原のヨドバシでケースから出してあったイヤフォンがいたので、店員さんに試聴しても良いですか?と。

そしたら、もうびっくりを超えてぶっ飛んだよ。超好み。標準イヤフォンをブラッシュアップした感じの音。まぁオープンエアとカナルだから根本が違うんだけどね。それにしても凄い。

これ以上試聴してたら買ってしまう…。と思い試聴を終了。その時間わずか3分程度。

何で低価格イヤフォンなのに簡単に試聴出来るようにしておかないんだろう?って思ってたけど、きっとこれを他のと一緒に並べておくと他のが売れなくなってしまう…とか勝手に妄想してしまった(笑)

ちなみに今回のAppleの2種類のイヤフォンだけど、音は極めてフラットです。ベースの音の粒やバスドラの音が点で聴こえる感じです。低音重視の人には物足りないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう