【有線イヤホン】Jayfi JEB-101をチェックする。

今年1発目のイヤホンのレビューですな。今年もよろしくお願いします。まだ日の目を見てないちょっとマニアックだけど面白いイヤホンを発掘して行きますよー!

ちなみにこのホームページではバンドでドラムを叩いてるオーディオマニアがチェックしてます。

前回はBluetoothヘッドホンでした。

Jayfiといえば昨年Bluetoothヘッドホンのレビューを書きました。

Amazonのレビューも参考にしてます↓

レビュー後もたまに持ち出して使ってますが長時間エージングしたからか出先で聴くには気持ちの良い低音が鳴るようになりました。

そんなメーカーのイヤホンでしかも今回は有線なのでどんな感じなんでしょうかねー?

外観をチェックしてみます。

Jayfi JEB-101 カナル型 イヤホン HIFI 重低音 マイク付き イヤフォン

Amazonのレビューも参考にしてます↓

綺麗なパッケージです。箱を横にスライドすると開けることができます。

なかなか美しく収納されてます。

内容は右から、取説、イヤーピース、低反発イヤーピース、巾着袋でした。

個人的に良いと思ったのは通常のイヤーピースだけではなくコンプライみたいな低反発のイヤーピースも付属してました。これなら新たに後からイヤーピースを買わなくても自分の耳に合うイヤーピースが付属品の中から見つかるはずです。ちなみに私は低反発のイヤーピースが完璧なフィット感でした。

ハウジングはアルミニウム製とのこと。

ステムの太さは平均よりちょっとだけ太いです。手持ちのでは少しきついけどSONYのハイブリッドイヤーピースが使えました。

手軽に手に入れやすいのでオススメです↓

毎回書いてますがイヤーピースって重要ですよ!

 

リモコンは通話用のマイクがありボタンは1つ。1回押すと再生、停止で2回押すと曲送りで3回押すと曲戻しでした。音量調整はリモコンではできないので注意です。

イヤホンジャックは少し斜めになってます。これが意外と使いやすいですが私はiPhone7で使うので写真左の変換アダプタが必須です。

装着感と音質をチェックする。

装着するとこんな感じです。低反発のイヤーピースを着けてるので密閉感は完璧。

肝心の音質ですが、ドライバーは特に公式な情報は見当たらなかったけど聴いてみた感じではおそらくダイナミック型のような気がします。ちなみにiPhone7に直挿しで使ってます。もちろん変換アダプタも間に挟んでます。

まだ使い始めたばかりなので今後音が変わるかもしれませんが、バランスは中低音寄りでした。中でも低音はかなり強く感じました。しかし単に低音が強いわけではなく、ある一定の周波数が高いような感じがします。具体的にはバンドの曲だとバスドラムはそこそこタイトに鳴るけどベースの音はかなり前に出ているような感じです。まぁバンドものでも曲によってバランスが変わるので一概には言いきれませんが…。ちなみに解像度はそこまで高くなく一般的です。

ちょっと一般向きな使い方ではないですが曲の中のベースの音を耳コピするなら良いかもしれません。

まとめます。

そんなわけで、今回はちょっと面白いバランスのイヤホンでした。高音の抜けがもう少し良ければなーという気もしましたが、ちょっと変わった音のバランスのイヤホンに興味のある人には良い選択肢になるかもしれません。

今回チェックしたイヤホンはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう