【Klipsch】R6 Bluetooth KLR6BTH111を借りました。【Bluetoothイヤホン】

最近イヤホンが欲しい物欲がふつふつと出てきてます…。しかし我慢の日々です。

久しぶりの高級機種ですよー!

たまたま友達が使ってないとのことで借りて使ってみました。

Klipsch Bluetoothイヤホン R6 Bluetooth KLR6BTH111

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

高級機種とは言っても価格はいい感じに手が出しやすいくらいに下がってますな。最新機種ってわけでもないですが。今回レビューしてみます。

外観をチェック。

右側のイヤホンに充電用のmicroUSB端子電源ボタンがあります。

同じく右側のイヤホン側のケーブルにリモコンがあります。

イヤホンのステムは標準より細いです。

これは個人的に大きなポイントですがETYMOTIC RESEARCHのトリプルフランジのイヤーピースが使えます!!

究極の密閉感が体験できます↓

サイズさえあれば最強のイヤーピースだと思ってます。

ちなみにiOS端末(iPhoneやiPad)と接続することで電池残量の表示にも対応してます。

音質をチェック。

装着するとこんな感じです。イヤーフックにイヤホンがぶら下がってる感じなので装着感は良好です。

で、音質ですがフラット気味です。バランスはかなり良いですが解像度は特別高くないのでモニター用としては物足りないかも…。まぁBluetoothイヤホンなのでリスニング用ですな。しかし全体的なバランスはさすがKlipschって感じですな。安定感があります。過度な高音や低音は出ませんので極端なバランスが好みな人には物足りないかもしれません。とは言っても低音はタイトに鳴るのでスピード感のある音なので個人的には満足です。

まとめます。

そんなわけで何だか簡単なレビューになりましたが、全体的にバランスの良いまとまった音なので聴いてて耳が疲れたりはしないと思います。オススメのジャンルはロックかなー。バスドラムの音がタイトになるので気持ちいいです。

価格も1万円代前半と手が出しやすいので、ちょっと良いBluetoothイヤホンが欲しい人にはオススメですな。

で、話は変わり最近イヤホンに対する物欲がちょっと出てきてます。

これが欲しいけど価格が…↓

finalのイヤホンはとにかく空間表現がすごいです。イヤホンなんだけどヘッドホンみたいな感じです。異次元です(笑)

下位モデルも優秀です↓

リケーブルできないモデルでも十分満足できます↓

全て試聴してみたけど、全部良いわ…。でもリケーブルできる方がいいのでF4100かなー。うーん。

話が脱線しましたが今回レビューしたイヤホンはこれです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう