【Micro Solution】USB-C Power Delivery & USB-A Smart switchをチェックしてみる。

歩く精密機器となっている私ですが、問題としては機器の充電です。持ち物のほとんどがUSB-Aでの充電ですがMacBookに関してはUSB-Cです。

メジャーな製品ではAnkerのPowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryですが買った友達が初期不良に当たってしまい不信感を持ったためマイクロソリューションのUSB-C対応のACアダプタを買ったのでチェックさせてもらいました。

ちなみに初期不良に当たった製品はこれです↓

Ankerの製品は主にモバイルバッテリーの評判が良いですな。

内容物をチェックする。

USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器 / PDP600510W /

Amazonのレビューも参考にしてます↓

マイクロソリューションの製品はエコ仕様なので箱は簡素です。

箱の中身は右から取説、ACケーブル、本体でした。

取説の内容を見る限りではUSB-Cは最大30WでUSB-Aは4ポート合計で30Wって感じなのかな。USB-CはPower Delivery(PD)に対応してるので高速充電ができますが30Wってことは12インチのMacBookは純正ACアダプタが29Wなので十分ですが、MacBook Pro Late 2016だと13インチが61W15インチが87Wなので、純正よりは充電速度が遅くなると思います。

本体をチェックしてみる。

本体サイズは予想より小型でした。AnkerPowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryよりも小型でした。

AC端子はメガネ型。

USB端子はこんな感じ。1番上にあるのがUSB-Cです。

iPhone7とサイズ比較してみました。Plusではないよ。小ぶりなのが分かるかと思います。

厚みはこんな感じ。まぁ手のひらサイズです。

購入した友達が使ってみたけど特に問題なく動作したとのこと。当然といえばそうですが…(笑)

まとめます。

そんなわけで、今回は私が買ったものではないので外観の確認が中心になりましたが良さそうなので後日購入する可能性が高いです。購入したら追記します。

ちなみに、さらにスマートに持ち出すならこういうのもあります。

電圧などの確認をしてから購入した方が良いです↓

余分なケーブルがないので超スマートになります。実際に私はAirMac Expressでこれを使ってますが壁に直接付いてる感じになるのでスマートです。ただ電圧などの確認は必須ですよ。

今回チェックしたのはこちらです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう