ホットシューの有効な使い方を考える。

今回初めてホットシューの付いてるカメラにしたんだけど特に使うことはないなーって感じです。むしろないほうが本体サイズが小型化されて良いなーと思ってしまいます。そこでE-PL7と悩んでたんだけど価格でE-M10を選びました。

IMG_1306

今回はホットシューについての話です。多少無理矢理にでもこれを使いこなしたい。

IMG_1215

Amazonや楽天のレビューも参考にしてます↓

こんな感じのホルダーを書いました。秋葉原の裏通りで200円程度。

IMG_1214

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI ボールヘッドシューII ETM-83851

Amazonのレビューも参考にしてます↓

そしてこれも購入。もう予想はついたかと思います。

IMG_1184

こうなります。かなり大げさな感じです。

IMG_1185

iPhone6 Plusと合体しました。E-M10とWi-Fi接続して写真を転送したり、意味がないけどリモートシャッターしたりと手元でiPhoneとカメラの操作が可能になりました。やたらとでかいけど…。

IMG_1307

角度の調整ができたほうが便利かなーと思って雲台付きのを選んだけどちょっと高さがあるなー。

IMG_1189

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI スタジオ用品 ネジ付シュー ETM-83699

Amazonのレビューも参考にしてます↓

ということで雲台なしのも買いました。これでもう少し見た目のバランスが良くなるはず。

IMG_1303

うん。そこそこ良い感じかも。

IMG_1304

雲台付よりは良くなったけど、そもそもiPhone6 Plusがでかいわ…。

有効活用できるかは分からないけど。iPhoneで動画を撮りながら写真も撮るってこともできそう。

1番はホットシューにマイクをつけて動画撮影がベストな使い方だけど、E-M10って対応してないのよね…。バージョンアップで対応しないかなー。私の場合はライブハウスで撮影することがメインなのでフラッシュは使わないしなー。

そんなわけで少しネタ的な買い物をしました。せっかくなので今度撮影するときには、このスタイルで使ってみたいと思います。無駄に目立つかもなー。でも撮った写真の確認はカメラの液晶よりiPhoneの画面の方が解像度も良いし見やすいのでこれはこれで使えるかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう