【谷中散歩】上野桜木あたりという場所がとにかく落ち着きました。

デジカメ
スポンサーリンク

SNSで見つけたタムロンマクロレンズフォトコンテストというのを見つけたんだよね。

タムロン | 第18回 タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト -Instagramフォトコンテスト- - TAMRON
マクロレンズの使用が参加条件のフォトコンテストは今年で第18回。本年度は初めてInstagramフォトコンテストへ形式を変えて実施いたします。

応募方法はInstagram#マクロコンネイチャー#マクロコンノンジャンルのハッシュタグを入れて投稿するだけという手軽さ。

初めは参加しないつもりでしたが周りから勧められたので、もし良さそうなのが撮れたら参加してみようと思い谷中を散歩しました。

マクロコンテストってことなので最近手に入れたSP 90mmF2.5 MACRO 52BAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8の2本を持ち出しました。両方ともLens Turbo Ⅱが使える良いレンズです。

【レンズ沼14】TAMRON SP 90mm F2.5 52Bで撮りました。【ポートレートマクロ】
伝説のはじまりと言われるレンズは現代でも通用するレンズでした。
【SmallRig】X-T3の機動性を犠牲にしてグリップ力を優先してみました。
オールドレンズは重くて手が疲れてくるのでブラケットを導入してみました。

 

スポンサーリンク

日常に戻りつつあります。

今回はFlickr経由ではないです。基本的に開放で撮ってます。マクロで撮ったのはF4F5.6まで絞ってます。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

で、いきなり盛大にピントが合ってない(笑)マニュアルフォーカスの難しいところですな。しかしピントが合ってないけど何か雰囲気が出てるような気がするのは富士フイルムとオールドレンズのおかげなのか…?と思っているのは私だけなのか?

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

そこで見つけた妖怪★フルーツ大福。

【江戸うさぎ】可愛すぎるフルーツ大福「妖怪★大福」!インスタ映えする和菓子として大人気! | oriori - 和菓子情報メディア
1.東京メトロのポスターで紹介されて大人気に! 2.谷中の墓地からやってきた「妖怪★大福」 3.コロナ禍を明る

谷中の墓地から出てきた妖怪とのこと。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これがなかなかの可愛さ。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これだ!と思いマクロ撮影しました。

初め私があまり気乗りしなかったのは植物や水滴だったりの写真をゴリゴリに加工した写真が多く出てきたのであまりモチベーションが上がらなかったんだよね。あくまでJPEG撮って出しを楽しんでる私としては加工する技術もないし勝てるわけないよなーって思ったんだよね。

でもせっかくなので良いと思った写真が撮れたら参戦しようと思ったわけです。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

Twitterで紅葉が良い感じとの情報を見たので根津神社まで歩きました。

しかし正直そこまでではなかった…。そういや最近Twitterでゴリゴリに加工した紅葉してる写真を出して炎上してたなーというのを思い出したので多分私が見たのもそうだったのかな?

「五稜郭」絶景に10万いいね→加工写真だった 投稿のゼンリンが謝罪「誤解を招いてしまった」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
 地図情報の調査・制作・販売を行うゼンリンが2021年11月11日、社のツイッターで投稿した写真が誤解を招くものだったとして、「心よりお詫び申しあげます」と謝罪した。

ということでこれはVelviaで撮りました(笑)実際はここまで紅葉してません。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これもVelviaで撮ってます。空の色が少し変な感じになった…。

ゴツいカメラを持ってる人が多くいました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これもVelviaで撮ってます。フィルムシミュレーションって凄いよなー。それにしてもよく写るレンズだ。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

谷中にはが多くいるという話を聞いたことあるけど、私は見たことがない。

Google先生に聞いてみると…

いないんですよ…。

保護活動をしたことで猫がいなくなってしまったとのこと。

なぜ谷中に猫がいない?ネコが減った2つの原因
2019年4月27日(土)日本テレビで天才!志村どうぶつ園志村園長&マツコが人力車で谷中・猫スポットめぐり放映されましたね。志村園長とマツコさんが谷中の達人がガイドする人力車で猫スポットめぐりするが、なぜか猫がいない。何故なんでしょうか?なぜ谷中に猫が増えて、猫スポットになったのか?そして、何故ネコが少なくなったのでし...

いろんな事情があるんですな。

で、見つけたのが上の写真の猫。首輪をしていたので飼い猫だと思います。見つけた瞬間レンズを交換したけど近づけなかった…。

 

スポンサーリンク

上野桜木あたりに行ってきました。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

今回はここに行くのが目的でした。

上野桜木あたりという名前の複合施設です。散歩してたらたまたま見つけた…ってことは不可能なくらい場所が分かりにくい。でもそこが良い。

上野桜木あたり
台東区上野桜木に『上野桜木あたり』がオープン。昭和13年築の日本家屋が現代に蘇りました。ビール、パン、塩とオリーブ、ファッション等のお店とレンタルスペースと住居が路地や庭でつながった、東京でもユニークな複合施設。上野桜木の「とき」と「おもい」を味って頂ける場所です。」

古民家を再生するNPO団体が作ったとのこと。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

昭和レトロな雰囲気全開です。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

3つの古民家があり番号が振られています。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

ビアホールでした。中には入ってませんが混んでる様子でした。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

メニューを見たけどクラフトビールも美味しそうだしナポリタンも気になる…。次に行ったときは入ってみようと思います。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

矢印がいっぱい。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

おしおりーぶという塩とオリーブの店。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

店の前にはオリーブがいました。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

これはチャンスと思いマクロ撮影。

SP 90mmF2.5 MACRO 52B+Lens Turbo Ⅱ

最短撮影距離で撮るとここまで寄れた。もうなんだか分からないなー。開放(F2.5)で撮ったので苦戦しました。ピント面薄すぎ。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

店内の撮影は良いのか分からなかったので遠慮しましたが、まんま古民家でかなり良かった。裸電球が雰囲気あって素敵。自分の部屋も裸電球にしたいと思った。

写真は撮れてないんだけど2Fにあるカタテママダガスカルのお店がなかなか良かった。

カタテマでは世間話をしてマダガスカルのお店ではなかなか個性的なおじさんと話しました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

ビオマダガというマダガスカルのお店では謎ののような物を買いました。

買ったときにそのままで良いですか?と聞かれたんだけどさすがにこのままバッグに入れたらボロボロになりそうな気がしたので袋に入れてくださいって言ったらこうなりました(笑)まさかのジップロック…。袋のコスト高すぎでしょ(笑)

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これもマクロ撮影してみた。

ベチバーというイネ科の植物で写真の部分は根で水に濡らすとお香で言うところの白檀のような良い匂いがします。

ちなみにベチバーとは…

ベチバー(ウサル)(Vetiver、学名:Chrysopogon zizanioides)は、インド原産のイネ科の多年生草本である。名前は、タミル語の「まさかりで刈る」の意味を持つ”Vetiverr”による。

和名の”カスカスガヤ”は、インドでの名称Khus(“カス”または”クス”とも、「香り高い根」の意味)による。

草は2~3mにもなり、複数がまとまって大きな株を形成するため、ススキに良く似ている。 以前は日本でも生産されていたが、現在ではほとんど生産されていない。

葉にはあまり芳香がないが、根に強い香りがあり、精油は根茎から抽出される。

香料は多くの香水に高級感のあるウッディなベースノートとして広く用いられている。利用例としては、シャネルNo.5のベースノートとして使用されている。

※Wikipediaより引用

香料として使われていてシャネルの5番にも使われているとのこと。

Amazonでもアロマオイルとしていくつか出てきました。

私が購入したベチパーは水に濡らして置いておく使い方なのでカビが生えるまで繰り返し使うことができて匂いも薄くなったりってこともないようです。実際お店には5年前のベチバーが置いてあったけど匂いが薄いこともなく良い感じでした。

これを置くお皿かグラスを見つけないとなー。

せっかくならこういう感じの見た目にしてみても良さそう。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

断面もマクロ撮影。たしかF5.6で撮ったような気がします。

ホームページありました↓

Biomadaga ビオマダガ:マダガスカルのバニラビーンズ・カカオ・チョコレート・バオバブ
モーリシャス旅行を200%楽しむために、野生のイルカやクジラと泳いでみませんか。

Instagramもあります↓

https://www.instagram.com/biomadaga/

 

次に行ったのはVANER

ノルウェーの小麦を使ってパンを作ってるとのこと。お店は軽い行列でした。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

マクロ撮影のチャンスだ!と思って撮ってみたけど近すぎて何だか分からんね…。これはクロワッサン。中に空気がかなり入っていてふわふわ感がすごい。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

これはシナモンロール。普段はコンビニのパンを食べることが多いんだけど、やっぱパン屋が作るパンは違うなーと。食にあまりこだわりのない私でも分かります(笑)

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

ホットミルクをマクロ撮影。パンと合う組み合わせ。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

夏だったら涼しそうに見える氷もマクロ撮影。テーブルフォトだとAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8のほうが撮りやすいね。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8+Lens Turbo Ⅱ

この日は過ごしやすい気温だったので外で食べてました。穏やかな休日って感じですよ。

夕方から夜にかけても良い雰囲気になるんじゃないかなーと思います。

 

何だか癒されました。

そんなわけで、写真を撮りながら過ごす平和な休日でした。

特に上野桜木あたりはかなり良い雰囲気でお気に入りの場所になりそうなくらい最高でした。なんか時間がゆっくり進んでる感じがしました。マジで穏やかな時間。また行きたい。

レンズを2本持って行ったけどAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8で撮ることが多かったなー。やっぱ使い慣れてる画角は快適だし構図のイメージもまとまりやすい。SP 90mmF2.5 MACRO 52Bはもう少し修行が必要だな…。

 

今回使ったカメラ↓

今回活躍したレンズ↓

もっと練習したいレンズ↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました