【設定】気がついたら通信速度制限になるかもしれない盲点的な部分。

AppleWatchが欲しいような欲しくないような…。って状態なので予約はしてません。

というわけで今回は通信速度制限の話。まぁ知ってる人には大したことない話なんだけど案外これが原因で通信量超過による速度制限対象になってしまう人もいるんじゃないかなー。

IMG_0863

アプリのアップデートですよ。おそらくYouTubeなどの動画を見すぎたり音楽の無料DLだったりストリーミング再生などが原因で通信量が越えてしまうってのが一般的ですが、動画だけではないです。

IMG_0864

赤の四角で囲んでる部分がアプリのアップデートに必要な容量です。55MBってのは決して少ない数字ではないです。画像のはゲームのアプリですが、ゲーム以外でもこれくらいの容量になるアプリは意外に多いです。

チリも積もれば何とやらってやつで気がつくと超過してる…なんてことが起きても不思議ではないと思います。

IMG_0869

そういったことを防ぐために設定を確認。まずは設定アイコンを選択しiTunes & App Storeを選択。

IMG_0871

自動ダウンロードの項目のアップデートがアプリの自動ダウンロードです。AppってのはiPhoneと同じApple IDを使ってる他の端末(iPadなど)でアプリをDLすると対応してる他の端末にも自動でDLされます。iPhoneでDLしたアプリがiPadにも対応していたら自動でiPadにもDLされるってな感じ。ミュージックも同じような感じで購入すると他の端末にも自動でDLします。

その下にあるモバイルデータ通信って項目は、それらの自動ダウンロードをモバイル回線でも行うか?っていう設定でオンにすると、3G通信やLTEでの通信時にも容赦なくDLします。ちなみにオフにするとWi-Fi通信時に自動ダウンロードが行われます。

そんなわけで、知ってる人にとっては何てことない話ですが、機種変更時など不意に設定が変わってる可能性もあるので修理に出したり機種変更したり復元したりというタイミングで1度確認しておいた方がいいかなーと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう