【SHURE】イヤモニ用のイヤホン買いました。

機材を売ったお金は機材に投資する!というわけです。

今回はART USB MIXとギターのエフェクター(ディレイなどの空間系)を売って資金を調達しました。

で、悩みに悩んで買ったのがこれ。

(null)

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215 ブラック SE215-K-J

Amazonのレビューも参考にしてます↓

秋葉原のeイヤホンにて中古で買ったので箱はないですがケースとイヤーピースは同梱されてました。何度も試聴して状態を確認しました。

(null)

座って試聴できるのが快適ですな。試した結果SHUREのトリプルフランジにしました。これは同梱されてなかったのよね。

(null)

こんな感じです。ETYMOTIC RESEARCH好きとしてはトリプルフランジがベストな選択だと思いました。オーディオ好きの中ではコンプライっていう低反発のイヤーピースが主流ですが、私はあまり好きではないです。理由としては、毎回潰してから耳に挿れるのが面倒だし価格が高い(3000円程度)のでコストパフォーマンスが悪いです。毎回潰して挿れるので劣化しやすいんだわ。

でも基本的に誰の耳にも合うので評判は良いです。

(null)

いわゆるShure掛けという耳の上にケーブルを通す着け方でライブでの演奏時に抜け落ちる心配が軽減されます。予算があれば耳の型を採って自分専用のイヤホンを作るのが1番良いんだけど、今の自分の環境ではそこまでする必要はないかなー。手持ちのUltimate Ears Triple.fi 10 PROはいつかリモールドしたいところですな。

過去には普段使いでShure掛けなんてミュージシャン気取りでダサいよなーって思ってたけど、使いやすいしタッチノイズも少ないから普通に便利だわ(笑)遮音性も高いから音量を無駄に上げなくてもいいから耳にも優しいはず。

(null)

イヤーピースをYAMAHAのEPH-100に無理矢理着けてみましたが失敗。装着感が悪い。

(null)

で、SONYのハイブリッドイヤーピースを無理矢理装着。今の所これで落ち着いてます。

(null)

こんな感じでステムの太さを調整してます。写真のはEPH-100のイヤーピースを着ける時の様子だけどやり過ぎだわな。

今はWESTONEのイヤーピースを着けてみようかなーと考え中。前に試聴した時にフィット感が良かったんだよなー。

そんなわけで、

(null)

スタジオでレコーディング機材の動作チェックをして、

(null)

オランジーナを飲んでまったりしてから帰りました。

てっきり店に入った時点ではShureのSRH145-Aを買うのかなーと思ってたけど、最近帽子を被ることが多いのでイヤホンの方が良いなってことでSE215にしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう