財布を忘れなければ確実にモバイルバッテリーも忘れない商品が気になる!

最近は小さい財布が流行っているような気がします。ミニマリストが流行っているのもあるし、電子マネーで買い物できるお店も増えてきたので現金を持っていなくても何とかなる時代になりました。

私が気になっている小型財布。

おそらく小さい財布を始めにやってのではないか?と思うのはabrAsus(アブラサス)の小さい財布じゃないかなー。

クレジットカードと同じサイズで超小型です。名前も超シンプルです。分かりやすい。カラーバリエーションが多いのも良いですな。

それとクアトロガッツの小さい財布も有名かと思います。

お札を折らなくても収納できたりと使い勝手が良さそうです。私はこの小さいふを買ってみようかなーと思っていたときもありました。

しかし、新たな気になる財布を見つけてしまったんですよ!

災害時に必要なのは情報とバッテリー?

北海道で大地震があったりと自然災害が多い日本ですが、災害時に困るものとして昔から言われているのは食料、電気、ガス、水道ですが現代では携帯電話のバッテリーも重要なライフラインの1つだと思っています。情報って大事ですよ。

私は東日本大震災が起きたあとからモバイルバッテリーを持つようにしています。

いくつか持っていますが、その中でもAnker PowerCore+ 26800 PDはかなり役に立ってます。

MacBookも充電できます↓

レビューも書いてます↓

USB PD対応のAnkerのモバイルバッテリーを買った話です。でかいし重たいけど優秀です。

そこで今回私が気になったのは財布とモバイルバッテリーが一緒になったこれです。

PSLB by andCOLORS

モバイルバッテリー PSLB by andCOLORS 10000mAh

Amazonのレビューも参考にしてます↓

財布とモバイルバッテリーが一緒になっているありそうでなかった製品です。上の写真のは1番バッテリー容量が多い10000mAhでMacBookも充電できるとのこと。USB-PDに対応しているのかは不明…。

画像を見ると見事に財布とモバイルバッテリーが一緒になっています。

長財布くらいの大きさで厚さは28mmと薄いです。

モバイルバッテリーとしては一体型のUSBケーブルと合わせると2台同時に充電できるとのこと。写真ではiPhone Xが充電されているように見えますが、LightningケーブルがMFiの認証を取得しているかは不明です。この話を書いている時点での情報が少ないのが悩みどころですな。

USB端子はmicroUSBでLightningとUSB-C端子は変換アダプタが同梱されていて本体に収納できるとのことでかなり隙のない仕様になっています。

人柱覚悟になろうか悩んでます…。

そんなわけで、現時点ではAmazonでしか購入できないっぽいので実物を見れないのが残念。

でも財布としての内容も申し分ないので普通に便利に使えそうです。財布を忘れなければ同時にモバイルバッテリーも忘れないってのがスマートですな。ちょっと買ってみようかなー。

他にもバッテリー容量が少ない小型のモデルもあります。

コインケース+モバイルバッテリー(4000mAh)↓

カードも1枚入るので小銭が入れば十分って人にはこれが良いかもしれません。バッテリー容量も4000mAhと平均的なのでスマートフォンなら1回はフル充電できるくらいかと思います。

パスケース+モバイルバッテリー(2500mAh)↓

カード1枚入れば良いって人にはこれが良いかもしれません。バッテリー容量は2500mAhとちょっと少なめなので非常時のバッテリーって感じになるかと思います。

どれも価格が安いのも大きなポイントですな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう