【Apple Event】今年はマイナーアップデートの年ってことを忘れてないかい?

今年も例年通り新型iPhoneと新型Apple Watchが発表されました。

私の予想ではMacBookやiPadも発表されるかなー?と予想していましたが、年明けまでの我慢になりそうです。

ホームボタンと決別。

まぁほとんどが事前に出ていたリーク通りなので驚きはありませんでしたが、Appleはホームボタンと決別することにしたようです。

iPhone Xで行けると思ったのか今後のiPhoneはベゼルレスが基本になって画面サイズを売りにしていく感じに見えます。

ちなみにiPhone XSiPhone XS Maxが発表されました。MaxじゃなくてPlusで良かった気もします…(笑)ちょっとダサい。

ホームボタンがないことに対する批判の記事を書かれそうですが、おそらくそれはiPhone Xを使ったことのない人たちだろうなーと思います。というのも私はiPhone Xを発売当初から使っていますが、特にホームボタンがないことが不便だと感じたことがないです。むしろ、長年無駄だなーと思っていたベゼルが薄くなったことで1画面での情報量が増えて快適に思うことの方が多かったかな。

前面のほぼ全てが液晶画面なのが美しいです。

もう1つ発表されたiPhoneはiPhone XRという廉価版モデル。iPhone SE的なポジションでもちろんホームボタンはないです。廉価版ということで価格もそこそこ安くなっていますが処理能力はiPhone XRとほとんど差がないくらいです。

見た目で分かる大きな違いは背面のカメラレンズが1つしかないことですが、他にも液晶解像度に違いがあります。

iPhone 8とiPhone 8Plusの中間くらいです。キリよく1980×1080(iPhone 8Plusと同じ)にしてくれると良かったかも…。

3機種を並べてみるとこんな感じ。

iPhone XS Maxの512GBモデルを選んでAppleCareを足したら20万円というMacBook Proが買えるんじゃないか?っていうくらい価格が高いです。なので私は今年のiPhoneは見送ることにしました。来年出るであろうiPhoneに期待したいと思います。今年はiOS12を楽しむ年にします。

Apple Watchはかなり進化!

今回のApple Watchはメジャーアップデートだと思います。上の文字盤をSeries3でも設定できると良いんだけどなー。情報量が少ないのが現状での不満なんですよ…。サードパーティ製の文字盤が使えれば最高なんだけどね。

左がSeries4で右がSeries3ですがベゼルが狭くなり表示領域が広くなりました。

Series3では心拍数をモニターすることができてましたがSeries4では心電図もモニターすることに対応しました。しかし記事更新時では日本で使うことができません。認証を取得したりする関係で現時点では使えないとのことで機能自体はあるとのこと。

その他にも転倒検出機能というのもあり、その名の通り転ぶと通知が出ます。普段はお世話になることがなさそうな機能ですがもしもの時に役に立つかも。

私の母親が心筋梗塞になったことをきっかけにApple Watchを使っていますが、自分の体の状態が具体的に数字で分かるのは安心できるとのこと。どうしても頭で考えると悪い方向に考えがちだからね。なので日本でも心電図のモニターできるようになれば、かなり役に立つだろうなーと思います。

心拍数と心電図と血圧が測れるようになったら最強の健康ツールになりますなー。

今年はマイナーアップデートの年です。

そんなわけで、iPhoneはマイナーアップデートでApple Watchはメジャーアップデートって感じの発表でした。

ネット上では「今年のAppleの発表は残念だ。」といったネガティブな感想も少なからずありますが、今年のiPhoneはマイナーアップデートの年なので過度な期待をするとがっかりします。

それとiPhoneは値段が高すぎるからといって安易にandroidに乗り換えると、本体価格は安くなりますが多分後悔すると思いますよ…。基本的な操作性の差はまだまだあります。と、Apple寄りな私はこう思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう