【簡単なまとめ】WWDC2018でハードウェアの発表はありませんでした。

ネット上ではiPhone SE2とか13インチMacBookなどの発表が予想されてましたが、見事にハードウェアの発表はありませんでした…。

私もMacBookくらいは発表されるんじゃないか?って思ってましたが何もありませんでした。次の発表のタイミングは9月辺りかなー。例年通りであれば新型iPhoneは9月発表の10月に発売開始って感じですがMacBookも9月発表なのかなー?今年は2年使ったMacBookの買い替えを考える年なので気になってます。

iOS12が公式に発表。

ちなみに詳しいことは他のサイトでやっているので、ここでは個人的に気になった部分を簡単に書いていこうと思います。

まずはiOS12ですが、細かい進化はありますが使っている私たちに大きく関係していることと言えばパフォーマンス(動作や処理)がかなり良くなっています。しかも最新のiPhoneだけではなく古いiPhoneのパフォーマンスも良くなるので、例えば中古で安く買った数年前のiPhoneも現役で使えるくらいストレスなく使えるようになることが期待できます。

私が少し気になったのは、バッテリー劣化でのパフォーマンス低下問題との兼ね合いはどうなるのか?設定やバッテリー交換で対応可能だけど少しだけ気になります。

体感ではどこまでパフォーマンスが上がってるのかは未知数ですが…

期待しましょう。

FaceTimeでグループ通話もできるようになりました。同時に最高32人と同時に通話することができます。UIがなかなか良い感じですな。使ってみたいけど私の周りではFaceTimeを使っている人が少ないのが残念…。便利なんだけど意外と活用してない人が多いイメージです。

他にもAR機能が進化していたりしていますが、まだキラーコンテンツがないので特にテンションは上がりません(笑)

iOS12ですが公開は秋頃になりそうです。きっと例年通り新型iPhoneの発表と発売の間にアップデートが配信されるのかなー。

Watch OSもアップデートされます。

Watch OSも最新版が発表されました。私もApple Watchデビューしたので楽しみでしたが、UIの変更だったりアクティビティで他のユーザーとの競争ができるようになったりと進化しています。

Apple Watch同士でのトランシーバー的な機能がちょっと楽しそう。でもちょっとネタ的な感じで私としてはどういう場面で有効活用できるかはイメージできてません…。でも楽しそう!

唯一発表されたハードウェア?はApple Watchのバンドでした(笑)ちょっと良い感じなデザインなので買ってみようかなー。

他にもWEBサイトを見ることができるようになったりと細かいアップデートもありますが、ちょっと使ってみないと分からないかな。

macOSにはダークモードに対応。

新たに発表されたmacOSには噂にも出ていたダークモードに対応しました。

白がベースだと目に悪いということですが、確かに眩しくてキツいときがあります。そういうときは画面の明るさを下げたりNight Shiftモードをオンにしたりと対策はしていますが手っ取り早いのはダークモードに設定できるようにするのが1番ですな。公式のTwitterアプリなどもダークモードに対応しているのですが、まだまだ対応していないアプリも多いのでmacOSが対応することでアプリも対応していくかもなーと期待しています。

壁紙もダークモードに対応します。上の画像は昼間で…

夜になると変わる。といった感じっぽいです。こういうのに対応した壁紙が今後出てくると面白そうです。

Finderなどの既存のアプリもダークモードでの表示になります。おそらく私はずっとダークモードで使うことが多くなりそうです。

iTunesのダークモードでの表示はクールですなー。かなり良い感じです。

私が気になったのはこれくらいでした。

そんなわけで、他にもApple TVが4K HDRに対応していたりDolby Atmosに対応して画質や音質が向上しますが日本ではコンテンツが少ないのでまだまだ欲しいとは思わないかなー。

Siriショートカットという、いわゆるApple版IFTTTみたいな機能もあるので期待したいところ。CarPlayも日本ではあまり流行っていませんがサードパーティ製のアプリに対応したのでGoogle Mapを使うこともできます。

もしかしてサイレントアップデートしてるかなーと思ってAppleのサイトもチェックしてみましたが、記事更新時では特に動きはなし…。アクセサリーは追加されていたけどね。

今回のアップデートはそこまで派手なものではなくマイナーアップデートって感じかなーって思いました。iOSのパフォーマンスアップは現実的でみんなが体感できる進化なので楽しみですな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう