【バンドマン必見】ETYMOTIC RESEARCH ER20XS-SMF-Cを買いました。【耳栓】

私はバンドでドラムを叩いています。なので音楽スタジオやライブハウスにもよく行ってますが爆音が苦手です。なので常に耳栓をするようにしています。

Etymotic Research ER20 ETYPlug イヤープラグ 聴覚保護 耳栓 並行輸入品 水色/白(blue/white)

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これは音楽用の耳栓で音を聞こえなくするのではなく聞こえる音の音量を下げる効果のある耳栓です。実際に使ってみると少し高音がカットされてるように聞こえます。

先日これをなくしてしまったので新しく買おうとしたら違うモデルがあったので今回購入してみました。

スマートに進化してました。

ETYMOTIC RESEARCH エティモティックリサーチ / ER20XS-SMF-C イヤープラグスタンダードフィットサイズ

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これが相変わらず快適な使い心地だったのでオススメです。特にドラムを叩いてる人は突発性難聴の恐怖があるので、もはや必須だと思います。

ざっくりとチェックします。

内容はこれだけです。右から耳栓、落下防止用ストラップ、ソフトケースでした。

以前のモデルと大きく変わったのは耳から飛び出る部分が短くなりました。取り外しやすいようにつまみがあります。

以前のモデルはキャップ型の落下防止用ストラップでしたが、今回はくくりつけるタイプになってました。キャップと比べるとストラップ自体が抜け落ちる心配がないです。

こんな感じになります。

見た目はかなり控えめです。

以前のモデルは耳から棒が飛び出ているような見た目でしたが、今回のは着けてるように見えないくらい控えめです。前からだと全く見えないくらいです。もちろん遮音性は安定のETYMOTIC RESEARCHって感じです。

実際にスタジオやライブで試しましたが程よく音量が抑えられてて耳が疲れません。ちなみに以前のモデルと同様で若干高音が抑えられてます。

耳も楽器なので大切にしましょう。

そんなわけで、今回は個人的には必須アイテムになっている耳栓の話でした。

私はオーディオ関係のレビューを書くことが多いので特に耳は大事にしないとならないんですよ。そうじゃなくてもライブハウスやCLUBのような爆音の環境によく行く人は持っておいた方が安心です。

私の感覚ですが、爆音の中に長時間いると体が3割増しくらい疲れます。楽器が壊れた場合は修理に出したりできますが耳はなかなかそう簡単に直すことは難しいので大切することをオススメします。

ちなみにですがボーカルをやってる人が着けると自分の声がモニターしやすくなりますよ。スタジオなどで自分の声が聞き取りにくいなーって思ってる人は試してみると良いかも…。まぁそういう時は周りの楽器の音量を下げてあげる思いやりも必要です(笑)

今回レビューしたのはこちらです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう