【SONY】MDR-EX750BTをがっつり試聴してきました。

Bluetoothのイヤホンって連続再生時間10時間超えってほとんどないよなー。ヘッドホンならかなり種類があるのにね。っていうのが最近の悩みです。

IMG_5593

というわけで行ってきましたソニービル。訳あって作業着で行ったので不審な目で見られたけど気にせず…。

目的はこれです。

IMG_5594

SONY h.ear in Wireless カナル型ワイヤレスイヤホン ハイレゾ音源対応 Bluetooth対応 チャコールブラック MDR-EX750BT/B

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

残念ながらこれも連続再生10時間の壁を超えることはできませんでしたが個人的に思う最大の特徴として有線での接続もできます。これなら電池が切れても安心。ちなみに仕様上では連続再生7.5時間とのこと。まぁ平均的ですな。

IMG_5596

ネックバンドが本体で先端からイヤホンが出てます。

IMG_5595

イヤホンは一般的なカナル型(耳栓型)です。

IMG_5597

操作はネックバンドの左側で行います。右から電源+再生、音量+曲送りと戻し。

IMG_5598

下には充電と有線での接続用になるmicroUSB端子(メス)があります。全体的に左側に集まってますな。

IMG_5600

右側には操作系のボタンは何もないです。

IMG_5599

こんな感じでネックバンドからイヤホンが出ています。常識の範囲で使う分には問題ないであろう耐久性だと思います。

FullSizeRender 2

装着するとこんな感じ。びっくりするくらい快適でした。

FullSizeRender

有線での接続は本体のmicroUSB端子を使います。

というわけで外観に関してはこんな感じです。なかなかシンプルで良いと思います。iOS端末での電池残量表示にも対応していました。それと音量はイヤホン本体とiOS端末で共通でした。イヤホンの方で音量を上げるとiOS端末でも音量のバーが動くってことです。

で、次は音質ですよ。Bluetoothの対応コーデックはSBC, AAC, aptX, LDACと全てに対応してます。iOS端末だとAACでの接続になります。Bluetoothの音声については、あえて一般的と書きますがSBC<AAC<aptX<LDACの順番で良いと言われてます。ちなみにあえてと書いた理由として、私が思うに結局は音の出口で決まると思っているからです。すごくカタログスペック上の数字だったりが良くても音が出るスピーカー部分がしょぼかったり音のバランスをメーカーがどう設定してるか…ってことです。好みによって感じる部分が変わってくるのも大きいと思います。

店内が比較的空いてたので長時間試聴しましたがiPhone6s PlusとBluetoothで接続してる時の音のバランスとしては中音域と低音域が強いなーと感じました。若干ですが高音域の抜けが悪く感じました。モニター的な聴き方は難しいですが楽しく聴くには十分なバランスです。外を練り歩いてる時に気持ち良く聴けると思います。

ボーカルの声が前に強く出ます。音場もイヤホンにしては広いのでバンドものだと迫力がある感じに鳴ります。ライブ音源だと空気感の再現力も高いなーと感じました。

低音に関しては少しブーストしてる感じがあったのでタイトではないですが迫力を出すって意味では効果的だと思います。逆に高音は少し奥に引っ込んでる感じなので好みが分かれるところですな。私の好みとしては高音域は耳に刺さるギリギリが好きなので少し物足りなく感じました。

有線での接続で聴いた印象としては音のバランスは基本的にBluetoothの時と変わりませんが全体的に音圧が上がった気がします。音量が関係してる可能性もありますが…。高音域は少し抜けるようになった気もしました。

Bluetoothも進化してるなーと毎回試聴する度に思います。

SONYのBluetooth製品ではMDR-1RBTMK2を愛用してますがヘッドホンとイヤホンなのでフェアな比較ではないですがMDR-1RBTMK2の方が音のバランスは良いです。

ひょんなきっかけで手に入れました。やっぱりBluetoothは便利だしSONYは安定感のある音だわ。 SONY 密閉型...

夏場になるとヘッドホンでは暑いのでイヤホンの方が快適ですな。

ちなみに私がBluetoothでイヤホンを使うときはこれを使います。

今回のイヤフォンはこれ! ヤマハ イヤホン EPH-100 密閉型 ダイナミック型 インナーイヤー型 シルバー EPH-100...
やっぱ無線は快適ですよ。 ELECOM エレコム iPhone6s/6s Plus対応 Bluetooth レシーバ デュアル...

これの組み合わせで愛用してます。YAMAHAのEPH-100に関してはダイナミックドライバーのイヤホンでは最強なのではないか?ってくらい好みのど真ん中です。LBT-PAR500AVは連続再生時間が約18時間と長時間ですし価格も安いのでコストパフォーマンスが高く気に入ってます。正直今回のMDR-EX750BTよりもこの組み合わせの方が音的に好みですが、やっぱ一体型は快適なので魅力的に感じます。

そんなわけで、価格が高いのでankerのBluetoothイヤホンに興味が行ってしまいますが満足度を求めるとSONYの方が信頼性は高いです。でも気になる…安いから買っちゃおうかな…って思わせるところがankerの魅力でもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう