【アプリ】WEBフライヤーをiPhoneだけで作る方法。【無料】

今回はお役立ち情報の話です。今ではほとんどの人が持ってるスマートフォンですがiPhoneだけで簡単にWebフライヤーを作ることができます。

ちなみにWebフライヤーとはSNSなどのインターネット上で宣伝する用のフライヤーです。印刷しないのでコストも時間もかからないので公開するまで早いです。

たとえばこのバンドTシャツのWEBフライヤーもiPhoneだけで作りました。写真の素材さえあれば簡単なもんです。

私が使ってるアプリを紹介します。

割と昔から使ってます。使いやすいし広告は出ますが無料だし愛用してます。

Phonto 写真文字入れ

細かい編集ができるので便利。特にフォントの種類が多いのが良いです↓

文字を入れるのは基本的にこのアプリだけで完結するのでスマートだと思います。

簡単に使い方の解説をします。

まぁそんなに難しくはないですが、せっかくなので簡単に解説してみます。

まずアプリを起動すると、上の画像が表示されるので四角で囲んであるカメラのアイコンを選択します。

すると背景画像の選択が表示されます。今回は写真アルバムからiPhoneのカメラロールに入ってる写真を選択してみました。

次に文字を入れたいところをタッチすると文字を入力と表示されるのでタッチします。

文字入力画面ではフォントの変更もできるので、どんな感じになるのか確認しながら入力できます。ちなみによく使うフォントをお気に入り登録しておくこともできます。

文字入力し終わると背景画像に表示されるのでタッチするとサイズやスタイル(文字の色など)細かい編集ができます。ちなみに入力した文字はLIVE中に毎回私が思ってることを打ってみました(笑)

次に画面左下のアイコンを選択します。

私がよく使う項目でもある画像を追加を選択します。

するとiPhoneのカメラロールが開くので重ねて表示したい画像を選択します。今回は私の所属しているバンドのロゴを入れてみました。

その画像をタッチするとサイズなどの変更ができます。中でも透明度の変更は便利です。

文字を入れたり画像を重ねて設定したり、やりたいことが終わったら右下のアイコンを選択します。

ここで完成した画像の保存ができますが、特にPNGの拡張子で保存できるのが良いですな。理由としては公開するSNSなどのサービスによってはPNGの拡張子の方が画質が向上する場合もあります。

こんな感じであれこれやってこうなりました。

全てPhontoだけで作りました。吹き出しの画像もあらかじめ入ってるので自由度は高いです。てかほとんど愚痴みたいな感じになってしまったな…(笑)

まとめます。

そんなわけで、ベースになる画像や写真は普段使ってる画像加工のアプリやデジカメで撮った写真などを用意すれば、後の作業は大体Phontoだけでオッケーです。

真面目に作るとこうなります。まるでツアーのようでツアーではないフライヤーです(笑)いやー、去年末はキツかった…。

特別なイベントではない通常のLIVEだったりするとフライヤーがなかったりするので、その時に文字だけで宣伝や告知するのは弱いかなーと思って作ってみたわけです。(他のバンドが作ってたのに影響を受けたのが本当の理由なんだけどね…。)今の時代は便利なものが多いのでどんどん有効活用していきましょー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう