【Bluetoothヘッドホン】Jayfi Touch H1をチェックする。

順番にレビュー記事は書いてます…。けっこうネタはあるんだけど書く時間がなかなかないんだわ。困ったもんです。さすが年末(笑)

今回はBluetoothヘッドホンです。

img_1181

Jayfi Touch H1 ワイヤレス Bluetooth ヘッドホン 重低音 Hi-Fi高音質 NFC対応 Apt-X搭載 Bluetooth4.1 マイク付き

Amazonのレビューも参考にしてます↓

ちょっと今回は公式にエージングを推奨してたので、しばらく継続してから使ってのレビューです。

付属品の確認。

img_1183

右から、取説、充電用microUSB-USB、有線接続用ステレオケーブル(3.5mm)でした。やっぱ有線でも使えるのは何かと便利です。

もうmicroUSBのケーブルが部屋に大量にあります(笑)

本体をチェック。

img_1182

シンプルな作りです。

img_1185

ボタンは写真の電源ボタンしかありません。クリック感はしっかりしてます。

img_1256

このヘッドホンはタッチセンサーで操作します。写真の場所をタッチですよ。これはスマートですな。

71letdfs4ul-_sl1500_

ヘッドホンの右側側面を画像のようにタッチすると操作することができます。

タッチッで操作するヘッドホンだと私はこれを思い出します。

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

これもタッチセンサーでの操作になるんだわ。比較するとJayfi Touch H1の方がタッチセンサーの面積が広いので操作は快適に感じました。

img_1187

左側のハウジングの下に充電用のmicroUSB端子があります。

img_1186

そして右側のハウジングの下に有線接続用の3.5mmステレオミニプラグの端子があります。

img_1184

私がちょっと良いなと思ったのはヘッドホンのLRの表示。ちょうど耳にあたる部分にうっすらドットで見えるようになってるんですよ。なんかセンスを感じます(笑)

音質はどうなのか?

iPhone7とBluetooth接続して使いました。

今回はかなりがっつり使ったのですが、音のバランスはちょい低音よりのフラットかなって感じです。解像度はそこまで高くはないですが、どんなジャンルでも楽器でも良い感じに鳴ります。ただ過度な低音を求めたり特定のジャンルしか聞かない人の場合は好みに合わないかもしれません。

エージング前は全体的にぼんやりしたような音でしたが50時間ほど鳴らし続けていたら全体的に音が引き締まった気がします。これがなかなか同じのを使ってると耳が慣れちゃって音の変化が分かりにくいんだよね。なので私は他のイヤホンも使いながら音の変化に気づけるようにしてました。…しかしそれでも正直自信はないんだけどね(笑)エージングってのは都市伝説みたいな風に思ってる人も少なくない世界だし。

まとめます。

そんなわけで、私の評価としては「ジャンルに縛られずに楽しく音楽が聴けるヘッドホン」です。家の中でじっくり聴くのも良いですが、外を散歩でもしながら聴くと音楽が気持ち良く感じられるかなーと思います。

今回のヘッドホンで私が気になったことがあります。それは…

① ヘッドホンの側圧はやや強い

長時間着けていると耳が痛くなりました。しかしこれは個人の頭の大きさが関係してるので、あくまで私の場合は…って感じです。

② カラーバリエーションが黒しかない

個人的にはホワイトがあると良かった。それだけです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう