【ロボット掃除機】eufy RoboVac 20を買いました。

先々月に引っ越して物がかなり減ったので、ついに導入したわけですよ!

勝手に掃除をしてくれるアイツです…。

Ankerの家電ブランドです。

img_0753

モバイルバッテリーなどのスマートフォンやPCの周辺機器で好評のAnkerが新家電ブランドを発表したんですよ。その名もeufyです。

img_0754

eufy RoboVac 20 (自動掃除機ロボット) 【7つの清掃モード / 最大200分連続稼働 / 自動充電機能搭載 / 専用リモコン & ソニックウォール & 充電ステーション付属】

Amazonのレビューも参考にしてます↓

今ではロボット掃除機の種類が多すぎて初めて買うにはかなり迷います…。いきなり10万円超えのなんて買うの怖いしなー。まぁ予算的に買えないけど…。

そこで、価格も安い方に入るeufyのロボット掃除機を選んだわけです。安心と信頼のAnkerの派生ブランドならきっと大丈夫だろうと…。

外観と周辺機器をチェックします。

img_0754

本体カラーは黒しかなかった…。白があれば迷わず選んでたんだけどねー。

リモコンでの操作が基本になりますが本体での直接操作することも可能です。物理キーではなくタッチセンサーになってます。センサーの感度は良好でした。

img_0758

ゴミを掻き出すブラシの予備が入ってました。ちょっと調べてみたんですがサイドブラシ単品での販売はしてないようです。(見つけられなかった…。)

img_0755

で、これは充電ステーション。ロボット掃除機らしく電池切れになりそうな時が自動でここに戻っていきます。他にはスケジュール機能もあるので決まった時間に掃除させることも可能です。

img_0756

そしてこれはソニックウォールという物…。まぁいわゆるここから先は行っちゃダメよ的なセンサーです。充電ステーションと接続することで充電できます。

img_0757

これはリモコン。いろいろボタンがありますが基本的に使うのは真ん中のスタートボタンと家(充電ステーション)に帰りなさいよのボタンと手動で操作する用の十字キーくらいです。

実際に使ってみました。

img_0759

こんな感じでセットしたらいよいよ掃除してくれます。

img_0760

勝手にスイスイ進んでます。多少の段差は乗り越えました。ちゃんとセンサーがついてるのでぶつかりそうになると避けます。あまり大したことではないけどぶつかりそうになると時計回りに回転します。

思ったよりもしっかりゴミを吸ってましたが注意点として床の上に使ってないケーブルを置いておくと盛大に巻き込みます(笑)実際1回やりました。

2ヶ月ほど使って気がついたこと。

初めてのロボット掃除機なので他社との比較はできませんが、いくつか気になったことがあったので書き残しておきます。

① 動作音は多少大きい。

もっと静かなのもあるのかは分かりませんが、動作中は「俺やってるぜ!」的なアピールとも取れるくらい主張します(笑)まぁ私はあまり気にしないけど。

② ソニックウォールの電池持ちが悪い。

これは自動的に電源が切れるような設定があるのか分かりませんが、気がつくと電池が切れてます。なのでマメに充電してあげる必要があります。

③ 帰ってこれないことも…。

高級モデルには学習機能ってのがあるので数回使ってると部屋の形を覚えて効率的に掃除してくれますがeufyのロボット掃除機は学習能力はないので、毎回行き当たりばったりな掃除方法です。故に帰ってこれず道半ばで力尽きてることもあります。これを可愛いと思うかは使う人次第です(笑)

まとめます。

そんなわけで、結論としては買ってよかった!です。

とりあえず掃除してくれれば良いやって感じで私のハードル自体が低かったのもありますが、十分満足です。

月並みな感想ですが、初めてのロボット掃除機を買うなら今回のをおススメします。

最後に最近こんなのを見つけました…。

白が出てる!!

白が出てるよ!!!

まぁ私が買ったのとは違って低価格版だけど白があるんですよー。なんとも言えない気分ですな…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう