【iPad】Smart Coverの純正と偽物の決定的な違い。

買っちゃった…。

結局、純正を買うのが値段は安くないが間違いないってことです。しかしポップな色が多くて実質しか選択肢がないのはどうにかして頂きたいところ…。だからといって黒じゃつまらんでしょ。

もう今回に限ったことではないですがSmart Coverの偽物が本物と何が違うのか?ってことを書き残したいと思います。今更Smart Coverのレビューをしてもなーって感じなので偽物を中心に書いていきます。

これが偽物。選択肢が黒とピンクと黄色だたので黒を選択…。純正が4,860円(税込)に対して偽物は880円(税込)この圧倒的な価格差で私は2回偽物に手を出しました。正直見た目はそんなに変わらないです。

偽物は旧型のSmart Coverと同じようなデザインです。

一方で純正はiPadと接続する部分も全て赤になってます。

これはまだどうでもいいんだけど、決定的な違いは…

写真の場所の磁力が弱いのですぐに外れてしまいます。開け閉めするだけで外れるくらい弱いです。ちょっと我慢できなかったわ。ちなみにオートスリープ機能は偽物でも問題なく動作しました。

おそらく純正にはネオジム磁石を使ってるんじゃないかなー。その辺の話は過去に実験しました。

過去記事

Tatami-Padスマートカバー化計画その2。

多分、偽物はフェライト磁石という磁力の弱い磁石を使ってるような気がします。ネオジム磁石はカードの磁気を1発で飛ばすほど強力です。実際に私はこの磁石でカード1枚ダメにしました…。

Smart Coverが外れないようにカバーしてくれるケースと一緒に使うなら問題ないと思いますがケースなしでSmart Coverを使うなら素直に純正を買ったほうが幸せになれます。ちなみに私はケースなしでSmart Coverだけを使ってます。軽量化するにはこれしかないかなーと。

ところで、なぜ私のiPad Airは木目なのかは↓

過去記事

【wraplus】スキンシールでiPad Airも木目調にしました。

純正の磁力であれば簡単に外れることはないと思うのでこれで安心して使えます。

そんなわけで今日は都内に出てたので移動中に1回更新してこれで2回目の更新です。移動時間も有効に使わないとねー。しかし、満員電車でMacBook Airを広げて使うのは気まずいので途中まではiPad Airで更新して混雑が落ち着いたらMacBook Airで続きを更新。っていうのも最近iPad miniじゃなくても平気なんじゃないか?と思ってiPad Airも毎回持ち出してます。カバンの重さには慣れてきましたがiPad Airだと片手で持つには不安定なのでやっぱiPad miniのほうが良いのかなーって感じです。とても悩みます。

まぁせっかく持ってるなら全て有効に使いたいなーって思います。ここで今抱えてる問題は自宅にある27インチのiMacの出番が極端に少ないということ。使ってないなら手放してしまおうかなーって感じで割と本気で考えてます。将来的にはMacBook AirかProを1台で運用しようかなーって思ってます。まぁこの話は別の機会にでもしたいと思います。

最後に、スマートフォンのゲームは辞め時が分からない!明確なエンディングがあったほうが個人的は助かると思う古いタイプの人間です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう