【多機能ミキサー】YAMAHA AG03を買いました。

イヤモニを使うのにミキサーを使ってましたが壊れてしまい、何かスマートな環境を作れないかなーとパッシブ(電源を使わない)のミキサーなど調べてましたが結局ミキサー買ってしまった…。中古で安く売ってたのを偶然見つけたのが悪い。ということにしてます(笑)

ちなみにパッシブで試行錯誤してた話はこれです↓

今回はイヤモニ環境の話です。先日スタジオ練習中にイヤモニと同期で使ってたミキサーが壊れました…。長いこと使ってたから寿命かなと。 そこ...

写真撮り忘れたけど実際にスタジオで使ってみましたが、やはり音量が小さい。小型のアンプが必要だなーと思うくらいでした。

ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

結局ミキサーだよ…。でも今回のはミキサーとしても使えるしオーディオインターフェースとしても使える多機能な製品。

本体は小型にも関わらずフェーダーが付いてます。

同梱品は説明書とUSBケーブル。Cubase AIもありますが多分中古だから使えないかもなー。まぁ使えたらラッキーってことで。ちなみにACアダプタは入ってませんでしたがバスパワー(PCとUSB接続で電源が入る)対応です。

背面ですが、ここに今回のポイントの1つです。というのも電源はmicroUSBからACアダプタが使えます。PCと接続しないでミキサーとして使う場合は電源が必要になります。その電源が専用のACアダプタではなくUSBなのが購入のポイントになりました。専用ACアダプタだと無駄にケーブルが長かったり壊れた時に買い直すのが大変(無駄に価格が高いなど)なのでUSBなのは助かります。

ちなみにiPadと接続するときはUSB2.0から接続し、さらにmicroUSBからACアダプタに接続し電源を取ります。さすがにiPadから電源は取れません。

IMG_3766

アップル Lightning – USBカメラアダプタ MD821ZM/A

1つ持ってると便利↓

iPadと接続する時にはこれが必要になります。

もっと値段が安いと助かるんだけどなー。でもこれがないとiPadで使えないので買うしかないです…。

入力端子です。幅広く対応してるのが良い感じ。

さらにiPhoneなどの音を入力する端子もあります。ここについてはAG03で音量調整ができないのでiPhoneなどのプレーヤー側での音量調整が必要です。

ここで赤で囲ってある部分ですが、これが様々な使い方に対応してくれます。

DRY CH 1-2G

AG03に入力した音をPC(iPad)に直接送ります。(普通のオーディオインターフェースとしての設定)

INPUT MIX

ミキサーでMIXした音をPCに送ります。(iPodなどを接続したすべての音をPCに送る設定)

LOOP BACK

PCから出ている音とミキサーでMIXした音をPCに送ります。

こんな感じで普通にレコーディングに使うならDRY CH 1-2Gでミキサーから出ている音をまとめてPCに送りたいならINPUT MIXでPCから出てる音も送りたい場合はLOOP BACKって感じですな。とにかく色んな状況に対応出来る便利なミキサー(オーディオインターフェース)なんですよ。

電源を入れてみました。LEDは白でした。良い感じだわ。

MacBook Airと接続。短いケーブルに変えればもっとスマートになりますな。ちなみにMacBook Airは11インチなのでサイズ感は伝わるかな。割と小型です。

そしてiPad Airと接続。配線がごちゃごちゃしてますが短いのに変えればそこそこスマートになるかなー。ってかケーブルの長さを環境に合わせて変えることができるのがUSBの魅力です。それとiPadで使う場合はMIDIキーボードなどの接続はできるのかね?USBハブで使えるか後日試してみたいと思います。多分無理っぽいけど…。

そんなわけで、これで以前までのイヤモニを使ってた環境に無事に戻りました。むしろパワーアップしたんじゃないかと。普通にイヤモニで使うときはミキサーとして使い、外でのレコーディングや同期する曲などを演奏する場合はオーディオインターフェースとして使おうと思います。その時はMacBook AirではなくiPadを使えばかなりスマートな環境になると思います。まぁその時はiPad用のDAWが必要になるな…。買うならCubasisかなー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう