聴いた人にだけ伝わる魅力だと思う。

あまり大きな話題にはなってませんが、物凄いポテンシャルを秘めてると思います。何となく試聴したのは大分前だけど、やっと手に入りました。

とりあえずは出先ですが開封してみたいと思います。発売してしばらく経つから今更レビューしてもねーって感じかもしれませんが私のテンションは上がってます(笑)撮影はiPhone5でOneCamを使ってます。

o0480027012510000284

Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic

Amazonのレビューも参考にしてます↓

偽物じゃないかドキドキでしたが大丈夫でした。中古を待ち続けてたのですが粘り勝ちです。7800円を1480円で買えました。中古品なので外箱はなしです。

o0480027012510000256

付属品は全部揃ってます。フィルターもちゃんとあるのは助かるわ。

o0480027012510000271

無駄のないシンプルなデザインはAppleらしいです。BA型のデュアルドライバー搭載なので、これはもう価格破壊です。

BA型の特長でもある高音の刺さりは、ほとんどなく気持ちが良いバランスです。低音も面ではなく点で鳴ってるので個人的な好みのど真ん中。フラットです。

フラットといえばETYMOTIC RESEARCHですが、音楽的なバランスだとApple In-Ear Headphones with Remote and Micが優れてると思いました。

ちなみに私の音の比較対象はER-6、ER-6i、EPH-100、EarPodsです。耳コピをすることが多いので基本的にフラットが好みです。

音場は少し狭いですが近くで鳴ってる感じがするので音が生き生きしてます。狭いとは言っても音の余韻は感じることが出来ます。

解像度がかなり高いので左右の音の振り方が凄いです。生々しいです。まぁそこは音源によって感じ方が違うと思うけどね。

ulma sound junctionをロスレスで再生しましたが衝撃的ですよ。元々の音が良いのもあるけど。

付属品のイヤフォンからステップアップしたいと思う人にオススメです。1万円以下でこの音は、ある意味反則です(笑)他のイヤフォンを買いたいけど、どれにすれば良いのやら…って人はこれにしてみればいいと思いますよ。

今まで見えてた景色とは違うものが見えるはずです。

そんなわけで、とりあえず買ったままの状態でこれくらい音の良さが分かるので、さらに良くなりそうな予感。

というのも、このイヤフォンはイヤーピースを変えると音がさらに良くなるらしいです。確かに純正のイヤーピースだと耳にジャストフィットしてない感じがします。

そこで次はトリプルフランジに交換してみようと思います。

最近はSONYのDR-BTN200で聴いてたけど、無線の快適さと音のどちらかを選ぶとなると難しいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう