【究極の美しさ】MYNUS iPhone X CASEを買いました。【Xsもあるよ】

iPhone
スポンサーリンク

iPhone Xで満足している私です。今まではほぼ毎年のように最新機種に買い替えていましたが、もう機能的に成熟してきているので1年では大きな変化が感じることができません。目立つ変化といえばカメラ機能くらいに感じます。

私はiPhoneのカメラよりもFUJIFILMのカメラが欲しいんですよ!

【超物欲】OLYMPUSからFUJIFILMに乗り換えたい!
私はSONYではなくFUJIFILMのカメラを選ぶことになりそうです…。

なのでカメラ機能程度の違いでは買い換えるモチベーションにはならないんですよ…。

 

久しぶりにiPhoneケース買いました。

ちなみに今まで愛用していたケースはこれです↓

手帳型で最強だと思います。

【自動的に閉じる!】CAT FLIPの良いところと悪いところ。【iPhoneケース】
自動的に閉じて液晶画面を守る!CAT FLIPを買ってみた話です。

なかなかハードな環境の中使っていたのでかなりぼろぼろに…。なので今回買い替えました!

それがこちら。

MYNUS iPhone X CASE

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

実は去年のiPhoneケース展で見つけて気になってました。

【行ってきた。】iPhoneケース展2018の物販スペースが熱い!
iPhoneケース展2018は物販スペースで貴重な体験をした話です。

引き算の美学から生まれたケースってのが素敵。まさに究極にシンプルです。それを今回チェックしてみようと思います。

 

どこまでも白一色。

私の部屋は電球色の照明なので実際の色味と異なりますが、ツヤなしの白です。マジで真っ白。なのでピントが合いにくい…(笑)ちなみに今回の写真はマニュアルフォーカス(MF)で撮ってみました。

iPhoneと設置する部分にはフェルトが貼ってあり、そこに控えめにブランド名が入っています。目立つ位置にブランド名がないので好印象です。

iPhone Xに装着しました。

もう気がついた人もいるかもしれませんが、白のガラスフィルムとの組み合わせたら良いんじゃないかと思ったわけです。

白いガラスフィルムはこれです↓

微妙にフィルムとケースの境目が分かってしまいますがケースと干渉しないという点では良いと思います。実際に全画面保護フィルムってケースと干渉しちゃうことが多いからね…。

カメラレンズの寸法も完璧。注意点ですがiPhone XとXsのケースで互換性のあるのもありますが、MYNUSのケースは完全に専用設計になっています。

カメラレンズより少しだけケースが出ているので最低限の保護になっています。

電源ボタンは少しの凹凸が目印になっています。触れば分かるし大体の場所を覚えてしまえば操作は問題ないです。

音量ボタンは写真の凹凸の上下になります。マナーモード切り替えスイッチはちょっと操作しにくいかもしれないけど爪で切り替える感じで操作すれば問題ないです。

Lightning端子も完璧な寸法です。私の手持ちの充電ケーブルは問題なかったけど、端子部分が大きいと干渉してしまうかも…。まぁケース自体がかなり薄いので基本的には大丈夫だと思います。

そしてLightning端子の上の部分に切り込みが入ってますが、これはケースをiPhoneから取り外すときにケースになるべく負担をかからないようにするためです。かなり薄いので無理に力をかけると割れちゃうからね…。

ちょっとだけ残念なのはケース自体が1枚ものではなく2つのパーツをくっつけてるかのようなつなぎ目が確認できます。これって磨いたら目立たなくなるのかなー?と悪い癖で考えてしまいますが薄すぎるのでちょっと怖いな(笑)

 

さすがメイドインジャパンのクオリティです。

そんなわけで、久しぶりにiPhoneのケースを外したときに裸のiPhone Xって薄いし軽いなーと思ったのでMYNUSのケースを買ってみましたが素のiPhoneのサイズ感を感じつつ最低限保護することのできるケースでした。

寸法なども全く問題なく高品質なのも満足できる大きなポイントですな。ちょっとつなぎ目は気になるけど…。

オウルテックのガラスフィルムと組み合わせれば液晶側も白くできるので統一感が出ます。

問題はどの程度汚れが目立つのか?ってところなので、しばらく使いながら経過を見ていこうと思います。

 

今回レビューしたのはこちら↓

iPhone Xsもあります↓

iPhone 8もあります↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました