【秋葉館】中華系Apple Watchケースとフィルムを試す。

世間では3連休ですな。私も久しぶりに世間と同じく休みだったので秋葉原を散策しに行きました。

SSDの価格も安くなったなーと買うタイミングを狙っている私ですが、買うなら500GBかなーと思っています。

そんな中、Apple Watchのケースとフィルムを見つけたので購入してみました。ちなみにApple Watch series3の42mmですよ。

完全に中華系…。

左がフィルムで右がケースです。

まずはフィルムからチェックしてみます。

ちなみにガラスフィルムではないです。

フィルムは2枚入ってます。クリーニングクロスなどの一式も2セット入ってます。なかなか親切ですな。

貼ってみましたが、一応全画面保護されました。一応っていうのはフィルムの角に切れ込みが入っているので完全に全画面保護はされません。

次にケースです。

イラストを見ると分かりますが、上下のセパレートになっているタイプで接続はマグネットになります。

ケースの素材はアルミなので軽量です。

こんな感じで分離します。

装着してみました。

装着しました。フィルムも貼ってあります。角の部分にケースが乗るので切り抜かれた部分は見事に隠れています。この状態なら全画面保護ですな。

ちなみに液晶とケースはほぼフラットになっているので一体感があります。

Apple Watchを保護しながらオシャレに使いたい人にオススメなSpigenのケースの話です。

保護の面ではSpigenのケースの方が優れていますがデザイン的にはこっちの方がシンプルで良いですな。

背面はこんな感じ。汗が原因なのか分かりませんが塗装が傷んでます…。まぁ見えないから気にしないようにしています。たまに見ると辛い…(笑)

スピーカーとマイク部分の寸法は問題無し。

ボタン部分は保護されています。竜頭(ダイヤル部分)はくり抜かれています。操作に影響はなく良好です。

まとめます。

そんなわけで、秋葉館で偶然見つけたApple Watchのケースとフィルムを衝動買いしました。

価格も安いのでコストパフォーマンスは高いと思います。

良かったところ。

フィルム一式が2セットなのが親切

ケースと組み合わせれば全画面保護になる

ケースの素材がアルミなので質感が良い

寸法に大きなズレはない

そして…

気になったところ。

ガラスフィルムだったら良かった…

ケースのマグネットの磁力が弱くて心配…

特にマグネットの磁力が弱く感じるので気がついたら外れてどこかに行ってそうで心配ですな。まぁどこかに旅立ってしまったら追記します(笑)

ちなみに現行機種の44mmもありましたので気になった方はチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう