容量の少ないMacを使ってるとiPhoneのバックアップが取れないよ!

そりゃそうだ。って話ですが、意外に盲点だったので書き残しておきたいと思います。

今使っているMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)ですが、本体のSSDの容量は当時ケチって256GBにしました。まぁその時の理由としては外付けHDDとクラウドがあるからいいじゃない。って思ってました。確かに普通に使ってる分には外付けHDDで事足りるわけで容量なんて気にしないで使っていました。

上の画像を見ての通り実際に半分くらいしか使ってないので、まぁ余裕です。容量の多い動画データなどはHDDに投げてます。

iPhone Xと同じ容量だった。

で、前からiPhone Xのワイヤレス充電が故障して使えない状態だったので、やっとApple Store銀座に行って修理に出すことにしました。

多分本体交換もありえるかなーと思って久しぶりにMacBookにバックアップを取ろうとしたら…

このエラーですよ。

それもそのはずiPhoneも時代とともに進化して行ったわけです。

iPhone Xも本体容量が256GBでした(笑)MacBookと同じ容量っていう…。

まぁ普通に考えれば分かることなんだけど、すっかり忘れてました。

MacBookの本体容量の空きがかなり少なくなったのでiOSのバックアップデータを外付けHDDに移動する手順を書きましたよ。

過去にこんな話も書いてましたが今回はiCloudにバックアップをすることにしました。ちょうどApple Storeには高速通信できるWi-Fiもあるので大丈夫かなーと。

ちなみにiCloudへのバックアップ方法は、設定のアイコンを選択して、アカウントとパスワードを選択してiCloudを選択します。

するとこんな画面になると思うのでiCloudバックアップを選択します。

で、iCloudバックアップをオンにすればiPhoneが充電器に接続されていて、Wi-Fiに接続されていて画面がロック状態になっていれば自動的にバックアップされます。つまりは寝ているときにバックアップしますよ的な感じです。

ちなみにiOS11.13.1の状態での画面遷移なので、iOSのバージョンによっては画面構成が変わってる可能性大です。

原因不明のため本体交換になりました。

Apple Storeでリセットや復元を試してみましたが改善しませんでした。診断ではワイヤレス充電の機能自体は問題なしって出てたんだけどね。まぁ事前にこれくらいの自分でも試せる方法はやってたんだけどね。何か問題が出た時の再起動、リセット、復元、の三点セットは基本ですよ。

で、本体交換になったわけです。

iCloudからの復元は特に問題なくできました。時間にして10分くらいかな。復元はすぐ終わったんだけどアプリの再インストールと音楽の再DLがなかなか時間がかかりました。さすがに全て終わるまでApple Store銀座に居座るのも気まずいので必要最低限のものだけDLしました。

時間に余裕をもって修理に出しましょう。

そんなわけで、結果的に無事に元気なiPhone Xに戻ったので一安心です。ただワイヤレス充電が使えなくなった理由が分からなかったのが今後何に気をつけて使えばいいのか分からないのが不安ですな。

最後に格安SIMを使ってる人はプロファイルの再DLを忘れずにしましょう。Apple StoreではWi-Fiが使えてたので気がつきませんでしたが外に出て通信が全くできなくなったので焦りました(笑)まぁ都内ならフリーのWi-Fiがいっぱいあるので適当に接続してプロファイルをDLしたので良かったけど田舎(自宅周辺)だったら絶望的でしたな。

今回のことを踏まえて次のMacBookは512GBのSSDを選ぼうかなー。毎回iCloudにバックアップするならいいんだけどねー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう