【完全ワイヤレスイヤホン】EnacFire Twins Bluetooth 5.0を試す。

AirPodsが発売されてからかなり種類が増えてきた完全ワイヤレスイヤホンですが、基本的に高額なものが多い中Amazonでは低価格な製品も出揃ってきました。

今回は低価格でコストパフォーマンスが良かったイヤホンについて書いていきたいと思います。

EnacFire Twins Bluetooth 5.0が届きました。

EnacFire Twins Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 タッチ式 IPX7防水規格 軽量 マイク付き Bluetooth イヤホン 片耳 両耳とも対応 ブラック

Amazonのレビューも参考にしてます↓

消えてました…。

個人的なポイントとしては、カナル型(耳栓型)であることですよ。AirPodsはオープン型なので密閉感がなく外れやすいってのが気になる問題でした。

付属品をチェック。

左からバッテリー内蔵ケース、充電用microUSBケーブル、取説(日本語、英語)、イヤーピース(3サイズ)でした。

充電ケースはマグネットで接続するタイプでした。スマートですな。

イヤホンを置くとこんな感じで自動的に充電が始まります。

ケースを充電するときは横にあるmicroUSB端子から行います。端子に蓋はありませんでした。

イヤホンをチェック。

イヤホンはかなり小型です。表面の白いマークの部分をタッチすることで操作ができます。

長くタッチすると電源のオンオフとペアリングモードになります。短くタップすると音楽の再生、停止で短く2回タップすると曲送りになります。3回タップして曲戻しはできませんでした。何度か操作してみたけど反応はかなり良かった。

ステムはちょっと短いので付属品以外に交換は難しいかもしれません。

充電する時の電子接点はこんな感じでした。購入時は保護するためのフィルムが貼ってありました。

音質をチェック。

装着するとこんな感じです。横への飛び出しはほとんどなくカナル型なので装着時の安定感はかなり良いです。イヤーフックなどの補助的な物はありませんが問題ないと思います。

カナル型なので髪の毛を下ろしてもイヤホンに引っかかる心配も少ないです。AirPodsの場合はよく髪の毛に引っかかって落としそうになることが多いのよね…。

で、音質ですがiPhone Xと接続してチェックしましたが、中音域重視のいわゆるかまぼこ型でした。高音と低音は多すぎず少なすぎない感じだったので過度な低音を求めてる人は満足できないかもしれませんが私的には良いバランスでした。

ボーカルの声をしっかり聴きたい人に向いてると思う音のバランスでした。

ちなみにiOS(iPhoneやiPad)と接続した場合、電池残量の表示に対応しています。イヤホン単体での連続再生時間は4時間ケースでの充電は3回できるので合計16時間使うことができます。

まとめます。

そんなわけで、カナル型の完全ワイヤレスイヤホンを試しましたが、やっぱカナル型なので密閉性と低音のキレは良いと思いました。

電池持ちは若干短いなーとは思いますが充電用のケースがあるので、合間を見て充電すれば1日くらいは問題なく使えると思います。

価格も比較的安いので、初めて買う完全ワイヤレスイヤホンに選んでも良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう