【コスパ最強】ガラス製液晶保護フィルムはマイクロソリューションが良いぞ!

まるでステマのようなタイトル(笑)もちろん私はマイクロソリューションとは関係ない一般人ですよ。

以前に同社の防水ケースを買って、その品質がかなり良かったのでボロボロに傷だらけになった寸法が合ってない保護フィルムを貼り替えようと思ったわけです。

IMG_4971

東京の田町にある会社まで行ってきました。基本的にAmazonで購入するんだけど会社の方にも在庫が少しだけあるとのことで確認して直接買いました。

購入以外にも直接行った理由はあって、購入したマイクロソリューションのフィルムを持っていくと無料で貼り付けてくれるんですよ。公式にも自力で貼るのは難しいので無料貼り付けサービスをオススメしますってことなので購入と同時に貼り付けもお願いしました。

私が買ったのはiPhone 6 Plus 5.5-inch 3D 全面カバー PRO GUARD CRYSTAL GLASS (3D 曲面ガラス:White frame) FFPです。

Amazonのレビューも参考にしてます↓

会社内は撮影禁止だったので商品のパッケージ画像はないです…。

では、どれくらい正確に作られているか確認してみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはホームボタン周り。貼ってあるのが分からないくらいぴったりです。本当に貼ってあるのか?って突っ込まれそうですが…貼ってあるんですよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてインカメラ周りはこうなってます。ホームボタン周りと同様全く寸法のズレがないです。少なくとも私には分かりません。

端も完璧でズレがないです。私には分かりません。

ガラス製の保護フィルムですがフレーム部分には銅が使われてます。前面ガラスではないので端が欠ける心配もないです。

家電量販店などに行くと余裕で倍以上の価格で販売してるガラス製フィルムですが価格がそのまま品質に反映されてるか?と言われると私の経験上反映されてません。

さらにおまけで保護ケースとスタンドとカードが入るアクセサリーも頂きました。

シンプルなケースです。ちなみに革製ではないです。シンプルすぎて特にコメントがないです(笑)fabcafeに持って行ってレーザー加工で遊んでみるのもありだなーと。

最近ドラムの叩きすぎで腰痛再発してます…。 さて、先日ついに決行したSIMフリーiPhone乗り換え計画ですが今の所安定してます。 ...

Illustratorさえ使えればオリジナルのケースが作れますよ。

もう本体に貼り付けてありますが、これはシリコン製の物で簡単に説明するとスタンドになるSuicaなどのカードを入れることができるわけです。

両面テープは安定の3Mでした。そしてスタンド機能ですが仕組みはこうなってます。

ここを押すと…

こうなるわけよ(笑)昔こんなおもちゃあったなー。

これで横向きに置いて動画などを見る…ってことは今までの経験上私はしません。するかなーと思ってたけど結局1度もやりませんでした。

次は最近モバイルSuicaから訳あって普通のSuicaに戻ったのでケースに収納して見たいと思います。基本的なことですがエラーを防ぐのに磁気防止シートが必要なのよ。

Amazonと楽天のレビューも参考にしてます↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先に磁気防止シートを入れて…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Suicaを入れたら完成。私の美しさに対するポリシーには反しますが単純に便利です(笑)

そんなわけで見事にマイクロソリューションの製品で私のiPhone6s Plusが完成しました。しばらくはこれで使っていこうと思います。

とにかくガラス製液晶保護フィルムは価格と品質でマイクロソリューションが最強だなーと感じました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう