イヤーチップで音が変わるのか?

いやー。また風邪引いたわ。身体はだるくないんだけど喉がイガイガするしさっきコンビニで声出したらハスキー過ぎて笑ってしまったよ。

そんな状態なので声はお休みして耳を使いました。

タイトルにもあるように、

「イヤーチップで音が変わるのか?」

これについて実験しました。今回は先日ついに中古で売ってるのを見つけたETYMOTIC RESEARCHのER-6iを使いました。あれよあれよと価格が下がり生産完了となったイヤフォンです。あまり出回ってないけど中古市場は3000円くらいです。中古とはいえこの価格でBA型のイヤフォンが買えるなんて凄いです。

o0480036012290148378

ETYMOTIC RESEARCH ER-6

Amazonのレビューも参考にしてます↓

これが今まで愛用してたER-6です。6iと違うのはインピーダンスが6iの方が低いので直で繋いでも音量が取りやすいです。

ER-6は昔、耳コピをやりまくってた時にお世話になりました。原音に近い音が鳴ってるので聞き取りやすい。

そんなER-6とER-6iをiPhoneに直で繋いだ時の音の感想は、単純に音圧がER-6iの方が上がってます。というよりは音量が取りやすいです。インピーダンスの恩恵が感じられます。もちろんアンプに繋げるならER-6ですな。

中高音は同じような音の鳴り方に感じました。このイヤフォンの最大の特長は高音の抜けの良さ。これに尽きます。

というわけでイヤーチップの話に戻ります。

o0480036012290148333

これね。着けてるのはETYMOTIC RESEARCHファンならお馴染みのトリプルフランジです。別名三段キノコです。

耳を引っ張りながら、これでもかと言わんばかりに突っ込みます。慣れてない人はびっくりするでしょう。

そうして突っ込むことにより完璧とも言える遮音性が生まれます。音楽を流したら外界の音は一切聞こえません。移動するときに使う場合は、かなり気をつけないとマジで事故ります。その対策のアプリもETYMOTIC RESEARCHが出してます。地味に便利です。

で、音としては解像度がとにかく高いです。他のイヤフォンでは聴こえなかった音が聴こえます。本当です。録音環境が悪い音源だと粗いところが分かってしまうかも。

個人的なオススメは女性ボーカルの曲かな。特にYuiなんて評価が変わるくらいバランスが良い。

低音は一般的なイヤフォンよりは足りなく感じますが、他のイヤフォンが味付けされてるのに対してER-6iは原音忠実。低音をブーストするのではなくタイトに点で伝える感じ。この低域をどう表現するかでモニター用として使えるかが決まる。もちろんそれだけではないけど。

音場に関しては超密閉状態なので狭いです。でも窮屈ではないです。目の前で音を出してるような感じです。うーん表現って難しい。

ライブでいうところの中音に近いかも。外音って意外に中とは異なるバランスで出てるからね。低域は特に。

まぁそんな私の乏しい表現をしててもしょうがないので次に行きます。

o0480036012293075914

先日、秋葉原のeイヤホンでバラ売りしてたので購入してみました。グライダーイヤーチップ、通称マッシュルームです。

感じとしてはコンプライに近いかも。でもこれは潰して耳に差し込むのではなく、そのまま耳に差し込みます。

o0480036012293075925

ER-6iに装着してみました。不思議な感じになりました。そして耳に装着しました。

遮音性はトリプルフランジに負けないくらいあります。解像度は高めです。

で、少し気になる点が…ユニットまでの距離が長いからか音場が少し広い気がする。

o0480036012293075930

というわけで1mmほど切ってみました。そして装着。

音が少し接近してきたような気がします。もう1mm切っても良いかも。

とりあえず今日のところは、これ以上切らないで使ってみます。早ければ今夜切ってしまうかも(笑)

装着感は非常に良好です。トリプルフランジ特有の慣れるまでの違和感がないです。

o0480036012293075940

イヤフォンが耳から飛び出さないのでイヤーマフを上から着けても問題ないです。ちなみにER-6よりER-6iの方がハウジングが小さいです。

そんなわけでモバイル用にはER-6iでポタアンやMacで作業するときにはMDR-900STと使い分けていこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう