【Yosemite】SafariからiCloudタブが消えた!?

Google

OS Xを10.10「Yosemite」にアップデートしたところiCloudタブがないことに気づきました。実はベータ版の時から気づいてたんだけどね。

タブの同期はとても便利でiPhoneやiPadで見てたサイトの続きをMacBook Airで見る(その逆も可能)という快適な機能です。これがあるので他のブラウザは使えないと言っても大げさではないです。

そんな便利な機能でもあるiCloudタブがないってのは困ったもんです。

やってみたら一瞬で解決した問題ですが折角なので設定手順を残しておきたいと思います。

表示_と_Menubar

まずSafariを立ち上げて「表示」を選択します。

次に「ツールバーをカスタマイズ…」を選択。

スクリーンショット_2014_10_20_17_02

すると「iCloudタブ」があるので画像の位置にドラッグします。ドラッグとはクリックしながら矢印の先に移動することです。

スクリーンショット_2014_10_20_17_06

これで無事にiCloudタブを使うことができるようになりました。やってみれば簡単ですな。他にも項目の追加ができるので使いやすいようにカスタマイズしてみると、さらに快適になるかも。

そんなわけで、大した内容ではないですがツールバーのカスタマイズ方法でしたー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう