iPhoneケース展に行ってきました。2014

IMG_5351.JPG

桜木町ですよ。周りはカップルだらけです。ちょっと寂しいです。

IMG_5354.JPG

今年も赤レンガ倉庫です。

IMG_5353-0.JPG

今年もやってきましたよー!1回目から行ってるので皆勤賞ですな。

IMG_8143.JPG

ダンボーがいました。人気者です。私はよく分かりませんがバッテリーは秋葉原で安く買えるので気になってます。

IMG_5387.JPG

毎年来場者数が増えてるので中は混み合ってました。いつもは新型iPhoneが発売してからイベントがあるのに今年はケース展が先なので見るだけで何も買えませんでした。先行発売してるメーカーもあったけど寸法が怪しいので手が出せません。

メーカー名やブランド名は公式サイトへのリンクになってます。

IMG_5357.JPG

いつもお世話になってる松葉製作所です。もう顔見知りなので雑談がメインです(笑)

IMG_5356.JPG

安定のクオリティです。木製は割れるから嫌だなーって思った時もあったけど、ここで見てしまうと惚れ直します。やっぱ良いわ。

IMG_5388.JPG

iPhone6のケースが展示されてました。試作品とのことでこれからさらにクオリティを上げてくると思います。

Facebookのページもあるので製作過程や苦労してる様子もチェックできます。

多分iPhone6 Plusのケースが完成したら買ってしまいそうだなー。

IMG_5360.JPG

次はJAPAN DRAGです。アルミのケースですが仕掛けが作り込まれてます。さすがハーレー・ダビッドソンのカスタムショップが作るケース。その名もHardcore Metal Jacket。強そうな名前です(笑)

IMG_5359.JPG

こんな感じで取り付けるのですが…

IMG_8144.JPG

こういう作りなんですよ。フレームの中は空洞になっていて、音が通る感じです。ステレオにはならないけど横に置いて動画などを見る時に前に音が出るので外部のスピーカーに繋げなくてもある程度は迫力のある音が出ると思います。

さらにはスタンドになる機能もあります。高級感があります。

Facebookもあります。

IMG_5361.JPG

そしてまた木製のケースです。t.H creationというブランド。ハンドメイドで最大の特長は表面も木で保護してます。

IMG_5363.JPG

木製のケースは耐久性がないのが問題点ですが、小型の棒で補強されてます。なので簡単には割れないとのこと。

IMG_5364.JPG

両面を分離するとこんな感じです。強力なマグネットで固定されるので簡単には外れないと思います。

IMG_5365.JPG

全体的に丸みがあるのでiPhone3Gから使ってる私としてはサイズ感はかなり異なりますが手に馴染む懐かしい感じがしました。

表面もカバーがあるので段差ができるので操作性に影響があるのではないか?と、聞いたところ…慣れるそうです(笑)

IMG_5362.JPG

ちょっとピントが合ってませんが使ってる木の説明もあるので自分の好きなのを選んでみるのも楽しいと思います。

松葉製作所もそうなんだけど木の種類を選ぶのも悩むし、決めてからは木目で悩みます。それも楽しみの1つだし、その分愛着も出ます。私は何度か他のケースに浮気をしましたが結局戻りました(笑)

IMG_5366.JPG

ちなみにiPhoneを入れるポーチもありました。おまけで作った感じではなく使い勝手などのこだわりがありました。

iPhoneじゃなく小物入れとしてもかなり良いのではないかと思います。

IMG_5368.JPG

次はCASE MATEです。これは量販店などにも展開されてますが、モバイルショップがうがう!日本初の正規代理店とのこと。CASE MATEってアメリカのブランドなんですな。

IMG_5369.JPG

ポップなデザインのケースが豊富です。

IMG_8145.JPG

そんな中にマジな素材を使ったケースもありました。(会場限定価格なので一部画像を加工してます。)

IMG_8146.JPG

自分のファッションなどに合わせてみるのも良いかと思います。

IMG_5367.JPG

iPhone6や6Plusのモックとケースもありました。香港で買ってきたとのことで寸法はある意味本物に近いかも…。

そういやまだ発売されてないのにiPhone6と6Plusのケースを販売してるメーカーが多かったわ。秋葉原でモックを買って作ったってメーカーもいたり、あくまで試作品ですって販売はしてなかったり様々でした。今年のiPhoneケース展は時期が中途半端です。

Facebookもやってるのでチェックしてみると良いかも。

IMG_5374.JPG

次はmgnです。これは新潟県燕市にある武田金型製作所が製作、設計をしてるブランドです。名前はGLITTER。

ここでポイントですな、新潟県燕市といえば燕三条ですよ。燕三条地域といえばiPodの背面の鏡面加工をしてるのも燕三条の職人です。ってことはクオリティは間違いないということ。

写真は1枚しか撮ってなかったので詳細なのはないですが、実物を見た感じクオリティは相当高いです。薄いし軽いし美しいの一言です。アルミ製だったりのケースはいろいろありますが、レベルが数段違うなーと感じました。これぞ本物。

残念ながらiPhone6のケースは作ってないとのこと。プレスして作ってるのでiPhone6や6Plusのサイドの丸みのあるデザインが難しいようです。クオリティを維持しながらの加工は大変ですよ。他の職人さんにも共通してますが妥協してません。

これも共通してますが、どの職人さんもiPhone6と6Plusの丸みのあるデザインと薄さは作り手としては悩みの種とのことでした。ユーザーとしては角ばってるiPhone4以降のデザインより手に馴染んで良いんだけどね。

Amazonのレビューも参考にしてます↓

IMG_5375.JPG

次はmgnの隣に展示してあったDagaというブランドです。何気に今回1番気になったケースです。名前はSLING-5。

mgnとはパートナーブランドとのこと。

IMG_5377.JPG

ベルトの種類を変えることで雰囲気が変わります。限定物もあるそうです。

今回私がこのケースを気になった理由としては、iPhone6Plusに変更する予定なのでiPhone5と比べて当然本体が大きくなります。さらに一般的なケースを着けたらもっと大きくなります。ということを踏まえるとSLING-5は必要最低限の保護ですが確実に他とは違う個性を出すことができるので魅力に感じました。

ベルトを革製の物に変えると高級感が増すような感じがしました。

ちなみにiPhone6と6Plusのケースも製作中なので現行販売してる物より強度や一体感は増す予定とのことなので楽しみです。本体の丸みのあるデザイン問題はクリア済みとのこと。

Facebookもやってます。

要チェックですよ!

IMG_5376.JPG

ぱっと見では何だか分かりませんでしたが名刺入れでした。日本(世界)一目立つ名刺ケースとのこと(笑)クールですなー。GLITTERと同じく薄くて軽いです。こういう小物1つ持ってるだけで人の印象って変わるもんだから不思議だわなー。

IMG_5379.JPG

他のメーカーですがこんなのもありました。インパクトあり過ぎます(笑)

IMG_5378.JPG

圧倒されますな(笑)iPhoneケース展っぽいです。

IMG_5386.JPG

ピントが合ってないなー。今回は時間がなかったのと販売ブースでお腹いっぱいになったのでアートなエリアは流して見た程度になりました。写真の作品の作者とは面識があり軽く話しました。多分4年振りの再会です。

IMG_5385.JPG

IMG_5384.JPG

IMG_5382.JPG

IMG_5383.JPG

こんな感じでした。アートとは縁のない私ですがiPhoneのケースとなると少し身近に感じてしまいます。

そんなわけで、かなり長いブログになったのとネタが多過ぎて説明や情報が足りなかったかもしれないですが、実物を手に入れたら詳細にレビューします(笑)果たして私はどのケースを買うのか?1つだけなのか?複数買うのか…?どれもこだわりが感じられる良い商品なんだよなー。

とにかく久しぶりの再会だったり新しい出会いだったりと楽しく過ごしました。1人で行くと気がするまで話し込めるので満足したわー。やっぱ職人さんは素敵です。買ってくれがメインの営業目的な話し方ではなく、作り手のこだわりを話してくれるので勉強になるし物欲も刺激されます。

IMG_5390.JPG

最後に桜木町の夜景です。綺麗な街だわ。そりゃカップルも集まるわね。

IMG_5392.JPG

ベタな写真です(笑)

ところで地元のことを「神奈川県」ではなく「横浜」って言う習性はどこに住んでる人まで使ってるんだろうね?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう